接近されてもこわくない!プロがやってる「正しい顔のムダ毛ケア」

写真拡大

男性が密かにがっかりするひとつ、接近したときに女性の顔にムダ毛を発見したパターン……。他にもメイクのりを悪くさせてるのが顔のムダ毛ケアが原因だったりと美しい女性でいるためにはお顔のムダ毛ケアは取り入れたいことのひとつ。

だけどムダ毛ケアをするにもお肌へのダメージが心配……。そこで今回は、プロがやっている“正しい顔のムダ毛ケア”についてコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

顔のムダ毛ケアを始める前に

まずお肌の調子があまりよくないとき、日焼後や生理中(前後)などのお肌が敏感になりやすい状態のときはカミソリ負けの恐れもあるので顔剃りは控えましょう。

また、顔剃りはメイクをしていないときに行うのが条件。そして、ムダ毛ケアのタイミングですが夜のお風呂上りがオススメ。なぜならムダ毛ケアをした直後はお肌のバリア機能は弱まっている状態。そんな状態で紫外線など浴びてしまうといつも以上にダメージを与えてしまうことになってしまいます。夜のお風呂上り後はお肌が清潔で角質層も柔らかい状態になっているうえ、紫外線をすぐに浴びることがなく一番最適なタイミングでしょう。

お肌を守るムダ毛ケアの“準備”

顔のムダ毛ケアで最も手軽なのがカミソリでの処理。手軽ではありますが間違えたケアをすることで、カミソリの刃でお肌の表面を傷つけてしまうことも。そこでカミソリでムダ毛ケアをする前には必ず顔にクリームをしっかり塗っておきましょう。カミソリの滑りをよくするだけでなく、角質まで剃り落としお肌を傷つけるのを防ぎ、守ることに繋がります。

顔のムダ毛ケアのポイント

カミソリ選びも重要です。L字は細かい部分まで剃れますが初心者の方が使用するとお肌を傷つけてしまう恐れがあるので使用する際は注意しましょう。T字は比較的安全とされているのですが細部まで剃ることが難しく、ムダ毛を剃り残してしまうかも。顔そりが慣れていない方やお肌を傷つけてしまうのでは……と心配な方は顔専用の電動シェーバーなどがオススメです。

さらにお肌を傷つけないためには同じ場所を何度も剃ることは避けましょう。刃にクリームなどが付着した場合は拭き取り、常に清潔な状態のカミソリでケアを行いましょう。

顔のムダ毛処理後のケア

顔剃り後は濡らしたコットンやタオルを使ってお肌に残ったクリームを擦らないようにそっと拭き取ります。また、炎症を起こさないようにお肌を濡らした清潔なタオルで素早く冷やすのがポイント!

その後、しっかり化粧水でお肌に水分を与え、クリームなどでフタをしましょう。お肌が敏感になっていることもあり、ヒリつきなどが心配な方はアルコールフリーのものなど低刺激なものを使用することをオススメします。

いかがでしたか? ムダ毛ケアが不十分でメイクのりが悪かったり、接近した時ムダ毛を発見され減滅……なんてことがないよう定期的なムダ毛のケアは大切です。ただし頻繁に行うのはNGですよ。お肌への負担も考慮して3週間に1度くらいのペースにしましょう。サロンでケアする時間がない方でもセルフの簡単ケアで美肌を保つことは可能です。是非参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ PhotoMediaGroup / shutterstock

【筆者略歴】

杉本由美

手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。