高校生の不器用で真っ直ぐな恋を描く (C)若林稔弥・講談社/
徒然チルドレン製作委員会

写真拡大

 「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の4コマ恋愛漫画「徒然チルドレン」が、今夏にテレビアニメ化されることが決定した。「聖痕のクェイサー」「VALKYRIE DRIVE MERMAID」の金子ひらくが監督を務める。

 若林稔弥氏が手がける4コマ漫画「徒然チルドレン」は、登場人物全員が主人公の青春群像劇。幼なじみの男女、生徒会長、ヤンキーなど、さまざまな高校生の不器用で真っ直ぐな恋を描く。

 スタッフは、金子監督のほか、シリーズ構成を「僕は友達が少ない」「六花の勇者」の浦畑達彦、キャラクターデザインを「ユリ熊嵐」や「3月のライオン」 (作画監督)を手がけた住本悦子が担当。「結城友奈は勇者である」「きんいろモザイク」などで知られるStudio五組がアニメーションを制作する。