カタマリニクと自然派ワインが楽しめる肉バル「ブッチャーズ 八百八 お茶の水店」が3/1(水)より営業中

写真拡大

カタマリニクと自然派ワインが楽しめる肉バル「ブッチャーズ八百八 お茶の水店」が、3月1日(水)より営業中だ。

場所は、神田川沿い。秋葉原方面から昌平橋を渡った先を右に曲がったJR中央線の高架下。



「ブッチャーズ八百八 お茶の水店」は、お茶の水にある「ホテルジュラク」などでおなじみの株式会社聚楽が運営する肉バル。

同店の食べログ店舗ページによると、「カタマリニクと自然派ワインを楽しむ!」をコンセプトに、「こんな店があったら通いたい!」をカタチにした、気軽に仲間たちと飲み語らえる肉バルです」、「居酒屋でもなく、チョイ飲みのバルでもない。カジュアルで洗礼された空間でメインの肉料理を待ちながら自然派ワインのつまみで盛り上がり「カタマリニク」で歓声を上げて!そんなシーンを提供します」とのこと。


<店舗情報>
■ブッチャーズ八百八 お茶の水店
■住所:東京都千代田区神田淡路町2-9 JR紅梅橋高架下3号
■営業時間:ランチ11:30〜15:00 ディナー15:00〜23:30(L.O.22:00)
■定休日:無休
■電話番号:03-3256-0310 FAX:03-5207-5567



>> カタマリニクと自然派ワインが楽しめる肉バル「ブッチャーズ 八百八 お茶の水店」が3/1(水)より営業中 の元記事はこちら