7日、中国中央テレビが、国外ブランドと中国ブランドの温水洗浄便座の比較実験をした番組を放送した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の温水洗浄便座。

写真拡大

2017年3月7日、中国中央テレビ(CCTV)が、国外ブランドと中国ブランドの温水洗浄便座の比較実験をした番組を放送した。

実験では、紙やすりに大豆ペーストを塗って洗浄具合を調べるという方法を採用。便座に固定して最大の強さで1分間洗浄するという方法だ。実験対象は、日本、韓国、米国、中国の各メーカー11種類の便座タイプと、日本、米国、中国の便器一体型の洗浄便座で、言うまでもなく中国メーカー製は価格が比較的安い。

この実験の結果、便座タイプできれいに洗浄できたのは中国メーカーの5種類。価格はいずれも1000〜2000元(約1万6000〜3万2000円)と安価なものだった。残りの6種類はきれいに洗浄できなかったが、そのうち1種類だけが中国メーカー。その他は米国、韓国、日本のメーカーで、中国メーカーより価格が高く、最も高かった日本メーカーの3900元(約6万5000円)の便座でもペーストが残った。

便器一体型の結果も同様で、4860元(約8万円)の中国メーカーの便座だけきれいに洗浄できなかったものの、その他の同じ価格帯の中国メーカーの便座は、2万5000元(約41万円)の米国メーカーと洗浄効果は同じくらい良かった。そして1万8000元(約30万円)の日本メーカーの便座の結果は「失望させる」ものだったという。

これに対し、中国のネットユーザーから「サンプルのテストではすべてを説明することはできない」、「テストの結果は使用者の結果を代表するものではない。国産は本当に外国とは比べようがないんだよ」などのコメントが寄せられた。

また、「今よく使えるものが1年後もちゃんと使えるとは限らない」、「製品の良し悪しは1回のテストで出るものではない。長年の使用で信用性や実用性が分かる」など、特に耐久性に対する疑問の声が多く寄せられた。(翻訳・編集/山中)