見た目に騙されるな!“清楚系ビッチ”の外見&内面の特徴12選

写真拡大 (全2枚)

清楚系ビッチとは、「清楚なお嬢様のような見かけに反して、内面はビッチ」な女性の事です。
ビッチ(bitch)とは「押し付けがましい女性」という意味があり、日本では「性的に奔放な女性」を指す場合もあります。

清楚系ビッチはあまり良いイメージをもたないものの、しかし男性からモテる要素を多く含んでいるのです。

そんな清楚系ビッチに多い外見と内面の特徴を、実際に自分のまわりに清楚系ビッチがいるという方の証言から、まとめてみました。

●清楚系ビッチの外見の特徴

清楚系ビッチのよくある外見を6つご紹介します。

●(1)黒髪ロング

『私の職場にもいます。清楚系ビッチ。黒髪ロングで姫カットはテンプレートだと思ってます(笑)』(29歳女性/医療事務)

清楚系ビッチのヘアカラーは黒が多く、大体の女性が背中〜腰元までの長さです。
清楚な女性のイメージが「派手な髪色等、ヘアカラーをしていない」という事からでしょう。
ヘアスタイリングも、髪の毛先をゆるく巻いているか、ストレートに下ろしている事が多いのです。

●(2)ナチュラルメイク

『清楚系ビッチってあんまりあか抜けてない印象がある。化粧っ気もあまりないっていうか……』(25歳男性/営業)

メイクが濃いと「ギャル系」になってしまいますから、それでは清楚とはほど遠くなってしまいます。
清楚系ビッチは「男性慣れしていなさそうな見た目」が大前提、メイクもナチュラルです。

しかしアイメイクは意外にも濃いのが特徴。
黒目を盛れる黒のカラコン は必須アイテムといえるでしょう。

●(3)白い肌と細い体型

『ガリガリで真っ白。すごく病的で精神的にも不安定なイメージ。常に自分を心配してほしいと思ってそう(笑)』(27歳男性/塾講師)

清楚系な女性が健康的に日焼けをしていては、か弱い雰囲気を醸し出せません。
清楚系ビッチは日差しの弱い冬でも日焼け対策バッチリ、病的に白い肌を目指しています。

また、肉付きが良いと「守ってあげたいタイプ」にはなれないからと、清楚系ビッチな女性は体型維持をしています。
細い手足に細い腰、そんな細くて折れそうな体型を目指してダイエットをしているのです。

●(4)ピンク・白系・フリルが多い服

『すっごい甘い服装ですごいな〜っておもう。いつ見ても年齢不詳です(笑)』(26歳女性/編集)

清楚系ビッチな女性はゆるふわな洋服を着る事が多く、その色味もピンクや白系が多めです。
フリルやリボンがついていたりと可愛らしいファッションを好んで着ているのです。

よく「清楚系ビッチが着ている」と挙げられるファッションブランドは「アクシーズ」や「リズリサ」 。
パンツスタイルは少なく、ワンピース等のスカートを好む傾向があります。

●(5)絶対領域

『いまどきニーハイソックス履く人って、清楚系ビッチ以外にいるんですかね?細いっていうのもあるのか、すごい自分の足に自信持ってるイメージ』(23歳女性/派遣社員)

清楚系ビッチが「清楚なのに男受けがいい」のは、適度に肌を露出しているからでしょう。
例えば絶対領域という言葉がありますが、清楚系ビッチも勿論、二―ソックスで絶対領域を作っています。

黒いニーハイソックス、白いニーハイソックスなど、その種類も豊富。
ミニスカートのコーディネートにはニーハイソックスが多く登場します。

●(6)第一印象は“癒し系”の笑顔

『お客さんにいます。第一印象はとっても癒し系のイメージ。笑顔がかわいらしいんですよね。純粋な顔して笑うので……』(30歳男性/整体師)

清楚系ビッチはいつでもにこやかで、親しみやすい、そしてお淑やかな癒し系笑顔を心掛けています。