欅坂46 (c) Sony Music Records

写真拡大

■デビュー1周年を迎える欅坂46

 2015年8月21日に発足し、2016年4月6日に「サイレントマジョリティー」にてデビューを果たした欅坂46。2017年には、彼女たちのデビューシングルを発表した日に東京の代々木第一体育館でワンマンライブの開催が決定しているなど、その人気ぶりには目を見張るものがある。

■2016年の紅白歌合戦にも出場

 欅坂46は、乃木坂46と同じ「坂道グループ」として発足されたアイドルグループ。AKB48を生み出した秋元康プロデュースの元で活動しているが、彼女たちの大半は中学生から高校生。平均年齢が低めになっているのが1つの特徴である。欅坂46のデビュー曲である「サイレントマジョリティー」のセンターを務めた平手友梨奈も、2017年から高校生となる女の子だ。そんな女の子たちが中心となっている欅坂46だが、デビューして早々に大きな注目を集め2016年の紅白歌合戦にも出場を果たす。

 1年目にして鮮烈なデビューを果たした欅坂46だが、早くもCD発売デビュー1周年記念としてワンマンライブをすることも決まっている。会場はCDデビュー前に、ニッポン放送主催イベントでオープニングアクトとしてパフォーマンスを披露した代々木第一体育館となっている。こちらは単独ライブとなっており、チケットの一般販売は3月25日からスタートする。

■YouTubeでは「サイレントマジョリティー」が5000万回再生

 欅坂46のデビュー曲の「サイレントマジョリティー」だが、ミュージックビデオがYouTubeにて5,000万回の再生数を達成している。これはアイドルの楽曲の中でも異例の再生数となっており、彼女たちの実力が本物であることがわかる。ビデオの中では軍隊のような衣装に身を包んだメンバーたちが、統率性のあるダンスを披露。また、タイトルにもある「沈黙する大衆」をイメージした楽曲やダンスのイメージが、現代の若者たちに響いた結果となっている。

 また、代々木第一体育館で行われる単独ライブ前日には、タイトル未定の楽曲が発売される。欅坂46が生み出す新しい楽曲に注目が集まる中、どのようなミュージックビデオになるのか今から期待が高まってしまう。

■今後の写真集の展開にも注目が集まる

 AKBグループに所属するメンバーはグラビア誌に掲載されることも多くなっている。同じ系列グループである乃木坂46の白石麻衣は写真集『パスポート』を発売し、初週で10万部を達成。楽曲だけでなくその可愛さも魅力の1つだが、欅坂46はまだ誰も写真集の発表は音沙汰が無い。今後活動が進んでいく中で、誰が一番に写真集を発表するのかも予想されるほど、注目が集まっているようだ。