4回、フェンスを越えたと思われた打球が二塁打と判定され帰塁する山田=東京ドーム

写真拡大

 「WBC・1次リーグB組、日本−キューバ」(7日、東京ドーム)

 山田(ヤクルト)の“幻のホームラン”で、日本が追加点を奪った。

 四回、2死二塁での3打席目。2ボール1ストライクから4球目、122キロのスライダーを狙った。打球は一直線に左翼方向へ。そのままスタンドに消えたかに思われたが、塁審は二塁打の判定。球場が一時騒然となった。

 リプレー映像を見ると、左翼スタンド最前列のファンが、グラブで打球をキャッチ。審判団が集まってビデオ判定が行われたが、最初の判定通り二塁打で試合が再開した。

 それでも日本には貴重な勝ち越し点が生まれ、山田は「前の打席はチャンスで打てなかったので、今度こそはという気持ちで打席に入りました」と振り返った。