NHKで囲み取材に応じたイルカ

 今年デビュー45周年を迎えるフォークシンガーのイルカが7日、NHK放送センターで、19日に放送されるNHKBSプレミアム『イルカ45周年 青春のなごり雪コンサート』(後10・50)について報道陣の囲み取材に応じた。イルカは1日に亡くなった、ムッシュかまやつ(かまやつ・ひろし)さんについて「音楽的センス、生き方、全部大好きでした」と述べ、「素晴らしい曲が沢山あるので、ずっと残っていくと思います」とその音楽的才能を偲んだ。

 1970年に、に亡夫・神辺和夫さんと組んだバンド「シュリークス」でデビューしたイルカ。1974年には「あの頃のぼくは」でソロデビュー。1975年にリリースした「なごり雪」はいまもなお歌い継がれ、ほかにも「海岸通」「サラダの国から来た娘」「雨の物語」などのヒット曲を発表し続けてきた。

 同番組は、45周年を記念して、1月15日に東京国際フォーラム・ホールAでおこなわれた『デビュー45周年 青春のなごり雪コンサート』の模様を放送するもの。4Kで撮影したハイクオリティ映像で届けられる。

 この放送を前にイルカが報道陣の囲み取材に応じ、コンサートで伊勢正三、松山千春や小田和正などとの共演や45周年を迎え、今思うことなどを語った。

 ライブなどで共演したこともあり、1日に亡くなった、かまやつひろしさんについてイルカは「私たちみんな、仲間が悲しくおもっています。ムッシュさんはフォーク、ニューミュージックより前から活躍されてた大先輩なんです。でも共演する時や、打ち上げでは堅苦しいことも、上から物言うことも一切しない方でした」と故人の穏和な人柄を偲んだ。

 また、「音楽的センス、生き方、全部大好きでした。(ムッシュさんの)従姉妹の森山良子お姉さまとおこなっていたコンサートにはよく混ぜて頂いていました。親戚同士でステージに立てるなんて羨ましいと言ってました…」と共演した思い出を語った。

 イルカは「本当にいつでもその場を和やかにしてくれる人でした。まだ信じられないんですが、彼の素晴らしい曲が沢山あるので、それはずっと残っていくと思います」とかまやつさんへの言葉を送った。(取材・撮影=松尾模糊)