Doctors Me(ドクターズミー)- 大豆摂取で乳がん生存率上昇か イソフラボンに新たな可能性《海外研究》

写真拡大 (全9枚)

2017年3月6日(月)「ロイター」において、乳がんと大豆の関連性に関する最新の研究内容が公開されました。

以前から大豆に含まれるイソフラボンには様々な健康効果があるとされていましたが、乳がんとはどのような関係があるのでしょうか。

今回は大豆と乳がんの研究概要から、大豆の健康効果、その他にも期待されている食事などを医師に解説していただきました。

大豆と乳がんの関連性についての研究


研究背景


大豆を含む食品はイソフラボンという物質を含んでいますが、イソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た作用と、エストロゲンと反対の作用の両方を併せ持っています。

乳がんを患っている女性が大豆食品を食べるべきなのかどうか、というのは結論が定まっていない状態です。特に抗エストロゲン作用のあるホルモン治療をされている方にとっては悩みの種です。

研究内容


そこで、アメリカおよびカナダでは、食事に含まれる大豆イソフラボンの摂取と、全原因での死亡(乳がんが原因での死亡に限らず、全ての死亡原因を合わせたもの)の関連性について、約6000人の乳がんを患っている女性を対象に研究されました。

研究結果


9年半の間経過観察したところ、イソフラボン摂取量が多いグループは、少ないグループに比べ死亡率が21%も低いことが明らかとなりました。

最も死亡率が低かったのは、最も多くのイソフラボンを取っており、ホルモン受容体が陰性の乳がんを患った、もしくはホルモン治療を受けていない女性でした。

研究による今後の展望


研究によってイソフラボンをたくさん取っている方では全原因での死亡率は減少した、ということがわかりました。

しかしこれは食品中のイソフラボンについての話であり、サプリメントによってイソフラボンを摂取した場合にどうなるかは言えません。

《参照》
・ロイター

大豆の栄養素、健康効果


タンパク質


大豆は畑の牛肉と言われるようにタンパク質が豊富です。タンパク質は筋肉やその他あらゆる体の構成成分となります。

脂肪


不飽和脂肪酸が多く含まれ、動物食品に含まれる飽和脂肪酸と比べると動脈硬化予防効果があり、血管の老化を防ぐことができます。

鉄分


貧血予防効果があります。

ビタミン


ビタミンB、Eなどが豊富で、エネルギー代謝を助けたり、新陳代謝を活発にし疲労を回復させます。

大豆が有効な疾患や症状


高タンパク低カロリーのため、ダイエットに向いています。

また、女性ホルモンに似た作用を持っているので、更年期障害の治療や脱毛、薄毛に悩む方にもおすすめですし、食物繊維がふくまれているので、便秘にも効果的です。

大豆を摂取する際の注意点


大豆アレルギーのある方は摂取できません。

また、ワーファリン・ワルファリンという血液を固まりにくくする薬を飲まれている方は、納豆に含まれるビタミンKという物質がワーファリンの作用を弱めてしまうため、納豆を食べることはできません。
(※その他の大豆製品は問題なく食べることができます)

乳がんに有効な食材は他にもある?


卵やレバーなどに含まれるコリンと呼ばれる栄養素や、乳製品などに含まれるビタミンDが乳がんの予防に効果があると言われており、逆に、アルコールは乳がんのリスクを増やす可能性があります。

しかし、すでに乳がんがある方で、治療効果があると医学的に証明されている食品は現在のところありません。

医師などの間で注目している最新の食材


乳酸菌、ローヤルゼリー、マヌカハニーなど、民間療法的に支持されてきた食材が効く仕組み、効果についての研究が今後進んでいくと考えられます。

食事によって疾患が改善される可能性について


既にできてしまった病変を食事で変えていくというのは難しいかもしれませんが、予防につながる食事については研究が進んでいくでしょう。

一つの食材についてだけではなく、糖質制限や地中海式食といった、食事の取り方全体についての研究も行われています。

最後に医師から一言


食事は毎日取るものだけに、一つ一つが大丈夫なのか良くないのか気になるところです。

あまり一つの食材や栄養素を多量に取ろうとするより、様々な食材を偏りなく食べることも大切かもしれませんね。

(監修:Doctors Me 医師)