全チーム新車発表も終わり、シーズン前のテストもスタート! F1 2017年シーズンが刻一刻と近づいてきました。

3月4日(土)発売の「F1速報2017 NEWマシン情報号」には、大幅なレギュレーション変更で姿を変えた新しいF1マシンの解説や、第1回バルセロナテストの様子が記載されています。熟読しすぎて時間が経つのを忘れてしまうほどの濃い内容です。その中でも特に気になるチームの詳細を見ていきましょう!

1

■F1オールNEWマシンプロフィール&ディテールCHECK!!

全10チーム中、やっぱり気になるのはマクラーレン・ホンダ。新車発表会で見せたオレンジ&ブラックのマシンは衝撃的でしたよね。なぜ昨年までのグラファイト・グレーから変更したのでしょうか。

本誌は「かつて栄光を極めたロン・デニス体制が昨年終盤で幕を閉じたマクラーレンは、新たな体制でまったく新しい伝説を作り出そうとしている。その意志はマシン名とカラーリングが刷新されていることからも十分にうかがえる」と推測しています。

そもそもオレンジは、ブルース・マクラーレンによって設立されたチームの黎明期に使用していたチームカラーで、その後スポンサーとの契約から採用されなくなったそうなのですが、マクラーレンという企業のコーポレートカラーとして市販車で現在も使用されている伝統の色なのです。

新しいカラーリングについて、エグゼクティブディレクターのザック・ブラウンは

「クルマに施されるカラーリングデザインについては、私たちも様々なデザインを検討した。だが、オリジナルのオレンジを取り入れてほしいというファンからの要望が強かったこともあって、その方向で行く事にした。私たちはいつもファンに喜んでもらいたいと思っており、オレンジを使うことは、私とマンスール・オジェとシーク・モハメド・ビン・アル・カリファの3人で構成される執行役員会の意向でもあったからだ。」

と語っています。

また、プロジェクト4を率いていたロン・デニス時代に受け継がれてきたマシン名「MP4」シリーズからも決別し、今年の新車は、マクラーレンを略したレターコードでもある「MCL」に変更。これに32昨目のマシンを加えた「MCL32」が新車の正式名に採用されました。

ロン・デニス体制が終わった途端、カラーリングとマシンの正式名まで変わるなんて……。ロン・デニスの影響力恐ろしや!

そして、カラーリングの次に驚いたのがフロントノーズのウイングマウントプレート。サイドからエアを引き込むマルチスリットが開けられており、アンダーフロアにより多くの空気を取り込む工夫がなされているのだそうです。

体制が一新し、カラーリングもマシン名もがらりと変わったマクラーレン・ホンダ。テストではパワーユニットのトラブルで思うような走行ができなかった日もあり、ファンとしては不安要素が残りますが、開幕では素晴らしい走りを見ることができますように!

今シーズン期待できそうなのが、テストで好タイムを叩き出したフェラーリ。順調にテストが進んでいたように見えますが、昨年のテストでは見られなかった厳戒ムードが漂っていたのだそうです。

冬のオフテストは、報道陣にとって新車の細部をじっくり観察するまたとない機会。そんな報道陣の好奇の目からできるだけ新車を守ろうと各チームが奮闘するのは例年のことだそうなのですが、今年のフェラーリ秘密主義は、かなり異常なレベルだったのだとか。

周回を終えてピットに戻ってくるマシンを、メカニックが巨大な衝立で隠すのは他チームも同様だったそうなのですが、今年のフェラーリは衝立がひときわ大きく、報道陣を追い払う仕草もピリピリムード。他チームで連日行われるドライバーやチーム代表の囲み取材も、フェラーリだけはテスト2日目まで行わなかったのだとか!

メカニックに突き飛ばされたあるイタリア人ジャーナリストは「レッドブルに70ポイントもの大差をつけられ、コンストラクターズランキング3位に後退する惨敗に終わった2016年シーズンの結果に激怒したセルジオ・マルキオンネ会長が『今年こそなんとかしろ』とプレッシャーを掛けた。それが今回のピリピリした雰囲気の正体だ」と言っていたそうです。

そんなフェラーリの新マシンSF70Hと2016年マシンとの違いについて、本誌は以下のように解説しています。

新規定対応以外は基本的なフォルムを受け継いでいることが分かる。大きな違いはエンジンカウル頂部のシャークフィンとその後端に取り付けられた「Tウィング」、そしてフロントタイヤ後部からサイドポンツーン前端までの空間に装備されるバージボードを含むエアロデバイスの複雑化だ。
その他にもSダクト導入口となる「シャークマウス」の追加やSダクト出口両脇のフィン(左右2枚ずつ追加)など小変更は多い。個性的なのはサスペンションアームを避けるように上方に寄ったサイドポンツーン前部のエアインレットの形状とその構造。内部に複数の流路が設けられている。
(F1速報2017NEWマシン情報号より)

うーん、難しい単語がたくさん出てきて頭がこんがらがってきました。私のように文だけ読んでもピンとこない方には、ぜひF1速報を手に取ってもらいたいのです! 本誌には、昨年のマシンと今年のマシンを比較できるよう、2台のマシンが並べてあります。

これで「あぁ、このパーツのことを言っているのか!」と一目瞭然です。マシンの細部まで見ると、チームのこだわりが見えてきて更にF1が楽しくなりますよ。

そして、個人的に今シーズンのマシンの中で一番かっこいいと思ったのがトロロッソ。今までの濃紺基調から、鮮やかなメッタリックブルー&レッド基調にに一新し、スタイリッシュな仕上がりです。

トロロッソ新型マシンSTR12が採用したフロントサスペンションのオフセットリンク形式は、実はメルセデスがW08で採用した形式とほぼ同様。ノーズといいサスペンションといい、今年のトロロッソは空力的には兄貴分のレッドブルよりも、メルセデスに近いコンセプトをまとっているのだそうです。

ただし、その中身はレッドブルとほぼ同様で、パワーユニットは一年落ちのフェラーリから、レッドブルが搭載する最新のルノーに戻り、ギヤボックスのインターナルもレッドブル・テクノロジー製(カーボン製ケーシングはトロロッソオリジナル)に。

テクニカルディレクターのジェームス・キーはマシンについて、

「STR12は外見だけでなく、中身もかなりチャレンジングな仕様だ。ルノーのパワーユニットはハイブリッド時代になってから我々が使用したなかで最もコンペティティブだし、ギヤボックスにもユニークなアイデアが採用されている。」

と語っています。そして、このチャレンジングなSTR12に大きな期待を寄せるフランツ・トスト代表は今シーズンの意気込みをみせています。

「マシンが大きく変身しただけでなく、パワーユニットも強力になったし、才能と経験を有したドライバーで開幕を迎えるのは、トロロッソの歴史の中でも今回が初めて。今年、我々がコンストラクターズ選手権5位の座を目指すのは当然だ」(フランツ・トスト)

見た目も中身も大きく変化したトロロッソ。マシンのデザインがかっこいいだけで、速そうに見えるのは私だけ!? すっかり中堅ドライバーとなった、カルロス・サインツJr.選手とダニール・クビアト選手コンビにも期待したいですね。どこまでトップチームに追いつくことができるのか、注目のチームです。

突然ですが、ここで嬉しいお知らせです! 以前【F1速報×F1女子〜2017オフシーズン情報号〜】でご紹介した、F1速報別注スパーク製1/43ミニカー「マクラーレンMP4-31・ホンダ 2016アブダビGP J.バトンラストラン」の予約申し込みが、3月6日(月)12:00〜スタートします。ミニカーはもちろんですが、F1速報カメラマン三橋仁明氏のカッコイイ写真で作った特製パッケージも楽しみ!!

予約申し込み締め切りは3月31日(金)18:00までなので、購入希望の方は「AUTO SPORT web SHOP」にアクセスして申し込んでくださいね。

(yuri)

バルセロナ・テストで超ピリピリムードだったチームはどこだ!?【F1速報×F1女子〜2017 NEWマシン情報号〜】(http://clicccar.com/2017/03/07/450659/)