グラント・ショウ

写真拡大

コメディサスペンスドラマ『デビアスなメイドたち』のスペンス役で知られるグラント・ショウが、米CW製作による『ダイナスティー』リブート版に出演することが分かった。米TV Lineなどが報じている。

1981年から9シーズンにわたって放送された『ダイナスティー』は、大富豪キャリントン家の愛憎劇を描いた大ヒットシリーズ。リブート版ではアメリカの二大富豪、キャリントン家とコルビー家が繰り広げる裏切りや確執が、キャリントン家の家長だったブレイクの娘ファロンと、彼女の義理の母親に当たるクリストルの視点を通して描かれる。

グラントは、オリジナルでジョン・フォーサイスが演じたブレイク・キャリントンを演じるとのことで、すでに配役が決定しているファロン役のエリザベス・ギリーズと父娘役で共演することとなる。また、ファロンの義理の母親クリストルにはナタリー・ケリー(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジェフ役には『Murder in the First(原題)』のサム・アデゴークがキャスティングされている。

リブート版でクリエイターを務めるのは、『ゴシップガール』を手掛けたジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージ、『リベンジ』のサリー・パトリック。オリジナルのクリエイターだったエスター&リチャード・シャピロ夫妻も製作総指揮に名を連ねる。(海外ドラマNAVI)