6日、韓国メディアによると、韓国の朴槿恵大統領の支持団体の会員らが竹やりに韓国の国旗を掲げた写真をインターネット上に掲載し、国会の弾劾訴追案が容認された場合は物理的なテロを起こそうという趣旨の主張をしたことが、波紋を広げている。資料写真。

写真拡大

2017年3月6日、韓国・朝鮮日報によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持団体の会員らが竹やりに韓国の国旗を掲げた写真をインターネット上に掲載し、国会の弾劾訴追案が容認された場合は物理的なテロを起こそうという趣旨の主張をしたことが、波紋を広げている。

朴大統領の支持団体「パクサモ(朴槿恵を愛する人たちの集い)」のコミュニティサイトの掲示板に6日、ある会員が「戦闘態勢、準備完了」と題する写真を掲載した。写真には自ら作ったとみられる竹やりに掲げられた韓国の国旗が写っている。

同会員は「突発的な事態が発生した時はこれを掲げる。戦闘をする時だ。国旗の棒を竹やりに変えなければならない」とつづった。さらに、他の会員に向け、朴大統領の弾劾審判に対して攻撃的に対応しなければならないと呼び掛け、「韓国は左派と呼ばれる新共産主義に占領される一歩前の段階」とし、「私たち愛国市民はこれ以上、従北左派による反乱をただ傍観したり、平和的に対応してはいけない」と主張した。

また、「いつどこで(朴大統領の退陣を求めるデモの参加者らと)物理的衝突が起こってもおかしくない」とし、「もし憲法裁判所が朴大統領の弾劾を容認するという不祥事が発生したら、大韓民国の死亡宣告と捉えるべきだ。これまでの平和的デモをすぐに戦闘モードに変えなければならない」と強調。その上で、「これまでは大して意味のない人生を送ってきた。立派に死ぬことも意味ある人生と言えるのではないか」と述べ、大統領の弾劾が認められた場合に「竹やり国旗」を実際に使用する可能性を示唆した。

この書き込みは他の会員の注目を集め、ほとんどが「私も作ろう」「みんなで出動に備えよう」「決然たる意志で団結しなければならない」「かばんの中にハンマーを入れておこう」など、同調するコメントを寄せた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「やけくそ?完全に自滅モードだ」「静かに刑務所に入ってほしい」「パクサモは北朝鮮よりも恐ろしい団体。彼らがヘル朝鮮(地獄の韓国)を作り上げた」「韓国の国旗がかわいそう。これは国旗冒とく罪に当たるのでは?」「弾劾が認められて金づるがなくなったら、パクサモも自然と消滅するだろう」など、朴大統領支持団体に批判的なコメントが多く寄せられている。

その他、「僕も弾劾には断固反対だが、憲法裁判所の決定には当然従うべき」「ここまで激怒するなんて。それだけ今回の弾劾が不当であるということ」「今までの政権にも影の実力者がいたはず。朴大統領だけを責めるのは間違っている」などの意見もみられた。(翻訳・編集/堂本)