大粒の涙を流す広瀬すず(左)

写真拡大

 女優の広瀬すずと歌手の大原櫻子が3月7日、東京・港区の東京ミッドタウンで行われた映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」スペシャルトーク&ライブイベントに出席。大親友の2人が、和やかな掛け合いで観客約200人を喜ばせた。

 2009年に福井県立福井商業高校のチアリーダー部JETSが全米チアダンス選手権で優勝を飾った実話を、「俺物語!!」の河合勇人監督が映画化。ほとんど素人の集団が鬼コーチのもと結束を強め、努力を重ねて成長していくさまを描き出す。広瀬は主演し、大原は出演とともに主題歌・挿入歌を手がけている。

 この日は、大原が主題歌「ひらり」を生披露。みずみずしく力強い歌声を響かせた大原は、「緊張した〜! お客さんの前でフルを歌うのが初めてで……」と苦笑いを浮かべたが、間近で見守っていた広瀬は猛烈な勢いで抱きついた。そして、あふれる涙を拭いながら「大号泣なんですけど! 主題歌をさくちゃん(大原)に歌ってもらって、本当に良かったなあ! 幸せだなあ、涙腺崩壊しました」と褒めちぎり、大原と喜びを分かち合っていた。

 さらに映画にちなみ「全米での互いの夢は?」と問われると、広瀬は「さくちゃんに、グラミー賞でぜひ歌ってほしい! そうしたらまた泣きます」とニッコリ。これには大原も「すずちゃんにアカデミー賞に出てほしい! エマ・ストーンさんと一緒に」と愉快そうに応じ、仲睦まじい様子を見せつけていた。

 また2人は前日も顔を合わせていたといい、広瀬は「会いすぎて、仕事なのかプライベートなのかわからないくらい。ほぼ毎日メールしているので、毎日一緒だね!」と笑顔をはじけさせ、「姉(広瀬アリス)と一緒の仕事はホーム感がありますが、さくちゃんとも同じようにあります。安心して、いい意味でダラっとできます」と語る。続けて「いつも何をして遊んでいる?」との質問に、大原は「ジムや砂風呂などのデトックスです」と回答。広瀬が「(砂風呂は)5分経つと顔に冷たい水をかけてくれるんです。その感想を話しています」と明かすと、大原は「感想というか、『はあ〜!』って横から聞こえるんです。幸せそうだなあと思いながら、私もかけられて『はあ〜!』って」と述べていた。

 「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」は、3月11日から公開。