BTOB プニエル、写真展の開催について感想を明かす「最初は心配だった」

写真拡大

BTOBのプニエルが初の写真展を開く感想を述べた。

6日、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」では、BTOBが「Like A Movie」というタイトルで放送を行った。この日の放送でBTOBは、ニューアルバムの紹介とメンバーの近況と活動も一緒に発表した。

ミンヒョクは、プニエルが写真展の開催を控えていると述べながら「本当にスペシャルなイベントだ。写真の実力に関係なく、このような趣味とプニエルにしかない感性をメロディーと一緒に共有することができるということだけでも意味深い」と話を切り出した。

プニエルは「僕の写真の実力で、写真展を開けるか心配だった。だが事務所では、これ位だったら十分だと言われて自信を得た」とし、初の個人写真展を開く感想を述べた。

そしてプニエルは「暗く冷たい感じの写真が好きで、写真の雰囲気もそんな感じだ。普段の光景をたくさん撮って、食べ物を一番多く撮っている。ジャケット撮影時のメンバーの姿も見ることができる。最近、Instagram(写真共有SNS) に写真を掲載しない理由も写真展のためだ」と付け加えた。

ソンジェは「最初の“写真展(サジンジョン)”だから2番目は“キムチジョン”(キムチのチヂミ) にする考えはないか」と尋ねると、プニエルは「キムチは好きじゃないから“カムジャジョン”(じゃがいものチヂミ) にする」と答えた。