【詳細】他の写真はこちら

Base Ball Bearの小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間と映画を観てひたすら語り合うプライベート課外活動連載。今回は、妻夫木聡と満島ひかり出演のミステリー「愚行録」。原作小説を読んでいた小出部長はその映画化っぷりに驚いたという……。


活動第33回[後編]「愚行録」

参加部員:小出祐介(Base Ball Bear)、福岡晃子(チャットモンチー)、世武裕子



 


原作への言及、女子の嫉妬などで盛り上がる[前編]はこちら


ミステリーの作りとしては異色なのかもね


福岡 この映画のコピーに「他人を語り、本性を現すのは、誰だ?」って書いてあるやん。だから犯人探しというより、人間の汚さそのものがテーマってことなんかなって。


世武 そうだよね。登場人物全員の「愚行」が見えてくる。


小出 それがいちばん見えるのが、宮村淳子(臼田あさ美)さんのくだりだよね。彼女が大学時代の同期生だった夏原さんのことを語るんだけど、「自分は夏原さんにはそんなに興味なかった」みたいなことを言う。


ところが宮村さんの元カレ(中村倫也)からすると、「あいつ(宮村)が夏原さんにいちばん興味持ってたし、張り合ってた」ってことになる(笑)。


──語り手の主観によって、同じはずのエピソードがまったく違う意味にひっくり返るわけですね。


世武 しかも宮村さんが嘘をついていたわけじゃなくて、でも元カレの話を聞くと「えっ、全然話違わない?」となる面白さがある。


福岡 でも受け取り方によっては「そうか、両方言えるのか」みたいな。


世武 そう。だから別に何が真実で誰が嘘をついているとかじゃないっていう。特に原作だと、被害者がどうして殺されたかとか、誰に殺されたかとか、そういう謎解きがわりと始めのほうからどうでもよくなってくるというか。誰にでもありがちな、人間の愚かさがウワ〜って迫ってくることの面白さだから。


小出 ミステリーの作りとしては異色なのかもね。事件の顛末よりもそれぞれの人間性の描写のほうが圧倒的に濃いから。でも、これだけギミカルな原作を映像でどう再構成するのかって、難しいよね。なにせインタビュアーであるお兄ちゃんがモロに“見えている”から。


──原作では裏側にいる聞き手が「主人公」として可視化される時点で、映画版はある種ハンデを背負っているとも言える。


世武 だからそもそも映画化するには難しい原作ですよね。それをここまでやっているという意味では相当うまいなあと思った。


小出 最初のさ、バスの中で妻夫木さんが、お年寄りが側にいるのに席に座ったままで、サラリーマンのおっさんに「席ゆずれよ」って注意される。でも妻夫木さんは実は脚を引きずっていて……っていう導入部、これはまったくの映画オリジナルじゃん。


福岡 そうなんや。あそこはすごい印象的だった。


小出 その最初のシーンと対になるように、最後もバスのシーンなんだよね。でも意味が違ってくる。最初のサラリーマンの愚行はあからさま。でも、最後のバスに乗っているなんでもない普通の乗客の人々……この人たちもいろいろな愚行をしているんだろう、っていうのを思わせて終わるのが、「……うまい!!」って。


ちなみに俺も電車に乗っていてよく思うんだ。「この電車、何人くらいAV女優が乗ってるんだろう?」って。


福岡 あはははは! 男子(笑)。


小出 山手線には結構乗ってるんじゃないかと夢想しているよ。


世武 めっちゃ面白い!(笑)


 


モテる才能があるんやったら、そっちのほうがええわい!


世武 でも私、夏原さんって好きだね。実際ああいう子がモテてたわ、って思うよ。


福岡 うん、モテるのはわかるよ。当たり障りのない感じ。


世武 いい奥さんになる、みたいな。でも思わん? 美人だったらなんでもいいじゃんって思うことない? もう「いるだけ」でいいっていうような美人。


──夏原さんは計算か、天然か、っていうのもひとつの議論になりそうですね。


小出 俺は計算でおしとやかにしてるタイプだと思ったな。


世武 でも計算していてああなれるんだったら、もうええやん、って(笑)。


小出 それだけですごいじゃん!って(笑)。


世武 もし「それ(夏原イズム)と音楽の才能、どっちが欲しいですか?」って聞かれたら、「いや、そりゃあ前者でしょ」って私はなる。


小出 あ、そう?


世武 うん。絶対にそっちのほうが楽だもん。……あ、楽かはわからない。


小出 あははは!


福岡 でも私らたまにそんな話するよな。モテる才能があるんやったら、そっちのほうがええわい! ってなるよな(笑)。


小出 “そっちがええわい”(笑)。


──オバチャンや(笑)。


世武 たぶん私のほうが、あっこびんよりも普通の女子カーストにいる考え方というか。そこで優位にいるんだったら、他の才能は何もいらないって本気で思う。全然かわいいだけのほうがいいって。今でもそうだよ。


福岡 あんな薄い会話していいんだ?


世武 薄くてもいい。かわいいから(笑)。


福岡 あははは。


世武 ただ自分がそうじゃないから。そうじゃない道で頑張っているけど、正直、選べるならいつだって選びますよ、夏原さんを。


小出 面白いねえ。


福岡 この映画、男女で観に行ったら面白いかも。女子だけだったら女子目線だけで終わるから。


小出 男女で見え方が全然違うんだね。そういう意味では「ゴーン・ガール」(連載第10回参照)に性質は近いんじゃないですか?


福岡 あ、そうだね。


──でも、これはカップル向けではないよね。


小出 カップル向けではないです。


福岡 友達のほうがいいと思う。


小出 男女6人くらいで観に行って、帰りにみんなクソ気まずい空気になってほしい(笑)。


TEXT BY 森 直人(映画評論家/ライター)


 



観賞後、深夜の路地裏で記念撮影。ダークな内容の映画のあとながらこういうテンションのときは、感想会も盛り上がります。



感想会会場の喫茶店にて。劇場パンフレットを手に、小出部長の話を聞く世武さんとあっこびん。真面目です。