自らハンドルを握って、ぶらぶらとドライブするのが趣味という、タレントの夏江紘実さん。いまどき珍しい、真性のクルマ好き女子です。最近、ますます自動車にのめり込んでいるカエちゃんが、次の愛車にしたいのは……!?

1

「ラジオ界のアイドル」として関東エリアのAM/FM両局で帯番組のパーソナリティを務める車大好き女子の夏江紘美ちゃん。

多忙なスケジュールの合間を縫って愛車のトヨタプレミオで関東近郊をドライブするのが何よりの楽しみですが、年間走行距離は2万劵ーバー。ついに日頃の酷使がたたって!?エンジンオイル漏れが発覚。修理代もかさむので次期愛車を物色中。大本命は5ナンバーサイズの4ドアセダンだけど、そろそろ春も近いのでオープンカーに浮気しちゃいそう!?

オープンカーの定番といえばNDロードスター。それじゃあ当たり前過ぎるので、カエちゃんが選んだのは少しマニアックにロードスターの兄弟車、アバルト124スパイダー。

フィアットとマツダのコレボレーションで生まれた日伊合作の2シーターオープンで、エンジンはフィアット製で、車体の組み立ては広島にあるマツダの工場で行ないます。「アバルト」とはかつてモータースポーツで大旋風を巻き起こした名チューナーで、そのスピリットを受け継いだフィアットのスポーツモデルがその名を冠します。エンブレムのモチーフになっている「サソリ」の毒気はどのくらい効いているのでしょうか?

「オープンカーってずっと憧れだったんですよ」と笑顔ではしゃぐ夏江ちゃん。スリーサイズは全長4060×全幅1740×全高1240弌今回夏江ちゃんが試乗したのは6速AT仕様で、価格は388万円。6速MTも選べます。

今回のロケ地は夏江ちゃんの定番ドライブコース、東京湾アクアラインの木更津側にて。「ショッピングモールの横に小さな遊園地があって、夕方になるとそこの観覧車のネオンが光って…そのシュールな雰囲気が千葉っぽくていいんですよ」と、早くも夏江ワールド全開。

「電動じゃなくて手動でソフトトップを開け閉めするんですね。でも、初めての私でも簡単に操作できました」。オープンの開放感に大満足の夏江ちゃん。幌のロックを解除するとサイドウインドーが自動で下がります。

ベースは国産車のNDロードスターだけど、内外装含めてちゃんとイタリア車に変身している124スパイダーに興味津々の夏江ちゃん。「和の食材を使って美味しいイタリアンに仕立てている。これを作った人はきっと腕利きのシェフですね」。

センター部分にレッドマーカーが施されたステアリングはグリップも太めでスポーティな雰囲気。「ステアリングの切り応えがズッシリ重くて、いかにも『スポーツカーを操っているぞ』という感じですね」

スイッチ類やモニターの位置などデザインは基本的にNDロードスターと同じですが、ワンポイントにクロームの加飾やレザーをあしらうなど質感アップを図っています。

「サイドシルを跨いで低めのシートに体を沈める感じがスポーツカーらしいですね」。シートはレザーとアルカンターラのコンビで、レッドとホワイトに標準装備。オプションでレザーも選べます。

夏江ちゃんお気に入りのアクアライン。折り返し地点にある漁村はいつも見慣れた風景ですが、車が変わるとまったく違った雰囲気に映ります。「ランチは浜焼きか穴子丼がいいな」って、グルメの好物はいつもと同じです。

内外装がまるっきり同じで、車名やエンブレムだけを替えた「バッジエンジニアリング」はよくありますが、124スパイダーはエンジンやトランスミッションといった走りの根幹に関わる部分も含めてNDロードスターとは全くの別モノ。日本市場にはハイパワーなアバルト仕様のみが導入されています。

シート背面に施された「ABARTH」の刺繍やレッドステッチ、ステアリング中央のレッドマーカーなど、走りへの情熱がたぎります。温度調節付きのシートヒーターも標準装備です。

7インチのタッチパネルディスプレイのオープニング画面にアバルトのロゴを表示させるなど、オーナーを喜ばせる細かい演出が効いています。

コマンダースイッチなどが備わるセンターコンソールまわりの造形はNDロードスターと同じ。AT車、MT車ともにシフトノブの手前にスポーツスイッチが備わり、オンにするとアクセルレスポンスが鋭くなり、ステアリンの操舵感も重くなる。

「オープンにしていても風の巻き込みがとても少なくて、空調もイイ感じに効いてくれるのですごく快適なんです」とご満悦の夏江ちゃん。シートヒーターも付いているので真冬でも寒さ知らず。

パワフルな後輪駆動らしさを表現するために、夏江ちゃんがカウンターステアを当ててドリフト姿勢をキープ…じゃなくて静止状態での撮影ですが、それっぽく見えるでしょ!? 柔和な顔のNDとは対照的に、大開口のグリルや釣り目のヘッドランプでアグレッシブな表情に。いい意味で「こってりソース顔」です。

エンジンはNDが1.5LのNA(自然吸気)ですが、アバルト124スパイダーはフィアット製の1.4L直4マルチエアーターボを搭載。スペックは最高出力125kW(170ps)/5500rpm、最大トルク250Nm(25.5kgm)/2500rpm。ヘッドカバーも「魅せる」デザインにしているところが、いかにもイタ車らしいです。

ドライブしてみた夏江ちゃんの感想は?「ロードスターはあらゆる動作が軽めでしたが、コレはボディがガッチリしていて骨太な感じ。見た目は『イタリアの伊達男』っぽいけれど、中身はとても硬派。ブレーキは強く踏み込まないと効かなくて、ハンドルも重めですが、高速を走っている時(直進時)の安定感は抜群ですね」。アクアラインで強い横風を受けても車体がフラつかず、安心してドライブできたそうです。

熱い走りに応えるために、フロントブレーキはブレンボの4ポッドキャリパーと大径ディスクローターがおごられています。タイヤはBSポテンザRE050A、サイズは205/45R17、サスペンションは専用セッティングのビルシュタイン製単筒式ショックアブソーバーを採用しています。

リヤビューもアグレッシブ。NDのマフラーは1本出しのデュアルテールなのに対し、スパイダーは左右出し。リヤフォグランプはバンパー中央にインストール。排気音を聞いた夏江ちゃんの感想は?「もっと軽い音がするのかと思っていましたが、低域が強調されていて迫力満点です!」。

ボディカラーの「ROSSO COSTA BRAVA1972」に合わせて夏江ちゃんのファッションもコーディネート。「ロードスターのソウルレッドプレミアムメタリックよりもシックで落ち着いた色合いですね。バンパーやホイール、サイドステップなどの下まわりをガンメタや黒で引き締めているのが効いているのかな。この組み合わせは日本車でも流行りそうだなぁ」。

モチーフになったフィアット124スポルトスパイダーは1970年代にWRCでも大活躍。そのイメージを上手く取り入れながら、最新のテクノロジーで復活させました。

テールランプやボディパネルもスパイダー専用設計なのでNDとは印象が全く異なります。夏江ちゃんのイチオシはリヤビュー。「幌を閉めた時の姿がセクシー。お尻がキュッと締まっていて惚れ惚れしちゃいます」。

トランクは今どきのスポーツカーらしく実用的。容量はNDが130Lなのに対し、スパイダーは140L。1泊2日分の荷物なら余裕で入りそうです。

ということで、毎度おなじみの夏江ちゃんの「トランクチェック」。結構深さがあるので膝を折り曲げればなんとか入れます。「バスタブに浸かっているみたいで、案外居心地がいいですよ」。

「スパイダーはボンネットとかフェンダーの盛り上がりが筋肉質で、スリムなロードスターとはキャラが被りませんね」。安直にエンブレムを付け替えるだけじゃなくて、中身から徹底してフィアットブランドの車として作り直している「本物志向」ぶりに、夏江ちゃんは感じ入りました。

「せっかくのオープンカーだから、海沿いもいいけど空気が爽やかな高原をドライブしたいな。辺りが真っ暗になったらシートに座ったまま満点の星空を眺めるなんて…なんかロマンチックでしょ」。

「ロードスターほど『走りに命かけてます!』って感じじゃなくて、サラっと乗りこなせるのが124スパイダーの魅力かな。それでいて、アバルトの『サソリ』エンブレムは伊達じゃなくて、ちゃんと『スパイス』が効いているしね。ところで、お値段はいくらぐらいですか?」。

「う〜ん、388万円かぁ〜一緒にラジオをやっている古坂大魔王さんにお願いしたら買ってもらえるかなぁ」。

「今まで次期愛車の第一候補は4ドアセダンだったけど、とりあえずオープンカーも選択肢に入れてみようかな」。

(文:湯目由明/モデル:夏江紘実/ヘア&メイク:中田愛美/写真:ダン・アオキ)

■夏江紘実(かえ ひろみ)

グラビアやイベントのほか、ラジオでも大活躍中の紘実チャン。FM NACK5「The Nutty Radio Showおに魂(毎週水曜20:00〜23:00)」では話題沸騰の古坂大魔王の相方を務める。ラジオ日本「Hello! I,Radio(毎週金曜9:00〜11:00)」も好評オンエアー中。木目パネルが似合う国産4ドアセダンをこよなく愛し、愛車は中古の先代トヨタプレミオをチョイス。購入後9ヶ月で走行距離が2万劼鯆兇┐襪曚匹離疋薀ぅ峭イで、道の駅巡りにもハマっている。

■湯目由明(よのめ よしあき)

新車雑誌やカスタム関連のムックのほか、カーグッズ専門誌での用品インプレッション、キャンピングカー専門誌では車中泊やクルマ旅をテーマにした取材を数多くこなす。愛車は2005年式R50ミニクーパーと1999年式S2000。クルマも好きだが鉄分も多い42歳。

【関連リンク】

・ABARTH 124 spider
http://www.abarth.jp/124spider/

・夏江紘実
http://ameblo.jp/6363117/

女子力アップ!に、イタリアン・オープン!?「アバルト124スパイダー」【夏江ちゃんの次のクルマ選び!! Vol.05】(http://clicccar.com/2017/03/07/450227/)