岡山DF田中奏一、左大腿部肉離れで全治4週間…トレーニングマッチで負傷

写真拡大

 ファジアーノ岡山は7日、DF田中奏一が左大腿部肉離れと診断されたことを発表した。

 田中は6日に行われたトレーニングマッチで負傷し、上記の診断を受けた。全治は4週間の見込み。

 田中は1989年生まれの27歳。FC東京U−15、U−18を経て慶應義塾大学へ進学し、2012年に岡山に加入した。昨季は明治安田生命J2リーグで14試合出場2ゴールを記録。今季は開幕2試合ともベンチスタートで、出場機会は得ていない。

 岡山は開幕2試合を終えて1分け1敗の20位。次節は12日、FC町田ゼルビアとのアウェーゲームに臨む。