写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アールエスコンポーネンツが2月に発売した「pi-top」は、ボードコンピュータ「Raspberry Pi」をコアとして利用するノートPC自作キットだ。価格は税別36,288円だが、2017年4月28日までの期間限定で、24,700円で販売される。ただし、Raspberry Pi本体と、pi-top専用電源ACアダプタは別売だ。

pi-topの本体カラーはグリーンとグレーの2色で、対応するRaspberry Piは「Raspberry Pi 2」「Raspberry Pi 3」。組み立てに、半田ごては必要ない。液晶サイズは13.3型、解像度は1,366×768ドットで、約10時間駆動のバッテリや、Linuxベースの専用OS「pi-top OS」をプリンストールした8GBのSDメモリーカードを同梱している。