ポケモンGOは昨年、世界各地で大きな話題となり、ポケモンを捕まえることに夢中になり、危険地域へ侵入したり、交通事故が発生したりといった報道もありました。
 
そして今回、レアポケモンをようやく捕獲した喜びと興奮のあまり、男性が心臓発作で死亡するという、悲しい事件が起きてしまいました。

ポケモン捕獲のためにホテルへ

AsiaOneによると、シンガポール在住のリアン・ウェイミンさん(当時67歳)はポケモンGOにはまっており、捕獲したポケモンの種類は200を超え、レベル28に達していました。
 
去る2月26日の夕方、ウェイミンさんは、妻とともにシンガポールのリゾート地マリーナ・ベイに面した、マリーナベイ・サンズを訪れていました。ウェイミンさんの妻によれば、同ホテルはポケモンの出現地として知られており、ウェイミンさんはしばしば立ち寄っていたそうです。
 
この日も家族の誕生日祝いで食事をしたあと、一旦帰宅して着替えてから、ホテルにポケモンを捕まえにいっていました。

ラプラス捕獲後に心臓発作

普段どおりならポケモンを何匹か捕まえて終わるはずでした。ところがこの日ウェイミンさんは、ずっと探し求めていたレアポケモン「ラプラス」を発見、ついに捕獲に成功したのです。
 
悲劇はこの直後に起きました。ラプラスを捕獲した興奮と喜びが大きすぎたのでしょうか。ウェイミンさんは心臓発作を起こしてしまったのです。すぐに病院に搬送されましたが、病院で息を引き取りました。
 
故人のスマートフォンを調べた結果、ウェイミンさんが確かにラプラスを捕獲していたこと、また心臓発作が起きる直前に、やはりレアポケモンである「グランブル」を捕まえようとしていたことが判明したそうです。
 
 
Source:AsiaOne via BGR
(lunatic)