Doctors Me(ドクターズミー)- “冷凍こんにゃく”は女性の味方!置き換えるだけで‐200kcalってホント?

写真拡大 (全8枚)

こんにゃくは、低カロリーで食物繊維も豊富なため、ダイエットに適した食材として有名です。

さらに、このこんにゃくを冷凍することによって、また違った食感が楽しめるそうなのですが、本当なのでしょうか?

今回は、冷凍こんにゃくの概要、健康効果や作り方、そして、美味しく食べれるオススメレシピを栄養士の横川先生に説明していただきました。

冷凍こんにゃくとは


1度凍らせ、解凍したこんにゃくのことを冷凍こんにゃくと呼びます。

食感はまるでお肉のようで美味しくて、100g中5kcalと低カロリーで、 ダイエットにもおすすめと話題になっています。

冷凍こんにゃく5つの健康効果


ダイエット


噛み応えがあり、噛む回数が増えます。早食いや食べ過ぎが予防でき、ダイエットに効果的です。

便秘予防


こんにゃくの食物繊維が腸のぜん動運動をサポート、便秘の解消が期待できます。

美肌


食物繊維が腸を整えてくれるだけでなく、こんにゃく(生芋こんにゃく)にはお肌のうるおいに役立つセラミドも含まれています。

生活習慣病予防


こんにゃくの主成分であるグルコマンナン(水溶性食物繊維)は、コレステロール値を下げたり、糖分の吸収を遅くする作用があり、脂質異常症、糖尿病、動脈硬化予防に役立ちます。

骨粗しょう症予防


こんにゃくにもカルシウムが含まれており、体内に吸収されやすく骨粗しょう症予防におススメです。

冷凍こんにゃくの作り方


1. こんにゃくをお好みの大きさにカットし、保存容器に入れて冷凍室へ入れて、1日以上を目安に凍らせます。

2. 冷凍こんにゃくを自然解凍、もしくは流水やお湯などで解凍します。最後にキッチンペーパーなどでこんにゃくの水気をふきとれば、冷凍こんにゃくの出来上がりです。

冷凍こんにゃくを解凍する際の注意点


こんにゃくの独特の臭いが気になる方は、さっと塩でもみ、熱湯で1分ほど茹でてから冷凍することをおすすめします。

また冷凍保存期限は1カ月ほどとも言われていますが、食感や味が落ちるのを防ぐために、早めに使い切りましょう。

冷凍こんにゃくを肉料理に置き換えたら、カロリーはどれくらい減る?


唐揚げ :100g当たりのカロリー目安


■ 通常の唐揚げカロリー
約240〜320kcal

■ 冷凍こんにゃく1個のから揚げのカロリー
約55〜95kcal

通常の鶏肉を利用した場合よりも、冷凍こんにゃくを使用するとおよそ‐200kcalにもなります。
(※使う材料などでカロリーは変動します。 )

冷凍こんにゃくを使ったオススメメニュー

定番 冷凍こんにゃくの唐揚げ



■ 材料
・冷凍こんにゃく:1枚分
・片栗粉:適量
・揚げ油: 適量

■ 味付けの調味料
・にんにく:1片
・しょうが:1片
・醤油:大さじ1
・みりん:大さじ1/2
・酒:大さじ1/2
・塩:少々

■作り方
・1. 冷凍こんにゃくを自然解凍または流水やお湯などで解凍しておく。
・2. 冷凍こんにゃくの水気をペーパータオルなどでしっかり取り除き、食べやすい大きさにカットする。
・3. カットした冷凍こんにゃくを味付けの調味料と一緒にポリ袋に入れ、味を染みこませるために1時間くらいつけておく。
・4. 片栗粉をまぶして、170℃の油でカラッと揚げ、出来上がり。

■ ポイント
こんにゃくをしっかり絞ってから味をつけることで美味しく仕上がります。
(※水気をしっかり気っておかないと、揚げる際に油が飛び跳ねることがあるので注意しましょう。)

また、少量のごま油を加えるのも風味が変わって美味しいです。

最後に横川先生から一言


こんにゃくは、消化に時間がかかるため、ダイエットに良いからと食べ過ぎは禁物です。

適度にお食事に取り入れて内側からキレイ作りをサポートしてみて下さいね!

(監修:栄養士 横川仁美)