写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは7日、新型「CX-5」の累計受注台数が、2月2日の発売から約1カ月経過した3月5日時点で1万6,639台(月間販売計画台数は2,400台)になったと発表した。

新型「CX-5」は、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させ、現在のマツダが持つ最高のデザインと技術を導入したクロスオーバーSUVだという。

グレード別の構成比は、人間中心の安全思想「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」にもとづき開発した先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)」を充実させたグレードが全体の95%を占めている。内訳は、最上級グレードの「L Package」が49%、先進ライトである「アダプティブLEDヘッドライト(ALH)」や「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」など先進装備を充実させた「PROACTIVE」が46%となっている。

下取り車のタイプは、SUVが46%、次いでミニバンが20%となっており、ミニバンを所有していたようなファミリー層からも受け入れられている。初代「CX-5」の下取りも39%となっていることに関して、マツダは今回のモデルチェンジでめざした「深化・熟成」が多くの初代オーナーからも支持されたとみている。年代別では30・40代を中心に20代から60代以上までと幅広く、旅行やアウトドア、ドライブといったロングツーリングから普段の買い物や通勤など、さまざまなシーンで乗られているようだ。

オーナーを対象に実施したアンケートのコメントによると、「滑らかでとても走りやすく、もっといろいろな道を走りたいと思わせる」「静粛性が秀逸」「デザインが魅力的で品質の高さも感じられる」「安全装備が充実している」「アクティブ・ドライビング・ディスプレイが見やすく、視線移動が少ないことを実感」などの声が届いているという。

(木下健児)