「オッサン」をなぜ募集?(森下仁丹HPより)

写真拡大

 ネット上に公開されたその動画は〈オッサンたちへ〉という文字が大写しになるところから始まる。モノクロ映像で街の電気屋や路面電車など昭和の雰囲気漂う街並みが流され、その合間に50代と思しき男性たちが「あの頃は、仕事が全てだったんです」「ずっといた場所から出てみたい、そう思ったんです」などと、仕事への秘めた思いを語る──動画は〈オッサンも変わる。ニッポンも変わる。〉、〈第四新卒採用を始めます。〉という文字で締めくくられる。

 動画を公開したのは「仁丹」など健康食品の製造販売で知られる森下仁丹だ。

 なぜ〈オッサン〉を連呼するのか。〈第四新卒〉とは何か。よくわからないことだらけなので、同社に聞いた。

「採用に際し、新卒後3年未満を指す第二新卒、博士課程修了で未就労者を指す第三新卒という呼び方がありますが、社会人経験がありながら仕事への情熱を失わず次のキャリアにチャレンジする人を第四新卒と名付けました。今回の募集では、年齢を問わずポテンシャルを重視しています」(広報・マーケティング担当)

 募集要項には食品・医薬品などヘルスケア事業のマネージメント職などを募集しているとある。年齢不問なのに、〈オッサン〉が強調される理由は同社の駒村純一社長のキャリアパスにありそうだ。駒村氏は52歳の時に三菱商事からヘッドハンティングされて森下仁丹に入社した。今回の動画も、同氏の肝いりで制作されたものだという。

「駒村は商社マンとして実績を重ねながらも先のキャリアが見通せてしまう状況に、“このままではつまらない人生になる”と感じたそうです。それで転職し、当社の経営立て直しのために執行役員として入社した。年齢にとらわれずチャレンジする人材を補強したいと何年も前から考えていたといいます」(同前)

 社長の思い入れが、独特な動画公開につながった今回の採用募集をジャーナリストの溝上憲文氏はこう評す。

「40〜50代の『オッサン世代』には、大企業の中で昇進できず滞留している優秀な人材も多い。そこに訴求する新鮮なやり方です。ただ、この世代は考え方が凝り固まっていたり、仕事で守りに入っている人も多い。森下仁丹の採用担当者の“眼力”が問われるでしょう」

 募集開始日の3月1日だけで400人超の応募があったという。その中に同社が求める「チャレンジングなオッサン」はいるのか。

※週刊ポスト2017年3月17日号