六本木ヒルズ17店舗で“春を感じる”サンドウィッチ - チーズやお肉たっぷり、ボリューム満点メニュー

写真拡大

六本木ヒルズでは、17店舗のレストラン・カフェで“春を感じる”オリジナルサンドを提供する。期間は2017年3月17日(金)から4月23日(日)まで。

春、行楽の季節。ボリューム満点のサンドウィッチは、桜を眺めながら堪能できる手軽な贅沢メニューだ。野菜やお肉、チーズ、フルーツなど、色とりどりの具材が楽しめるフォトジェニックなラインナップが揃う。

桜をバックに写真納めたくなる、大迫力の断面!

フォトジェニックな断面が魅力のサンドウィッチは、まるでアートのようにカラフル。そして何よりボリューム満点。サンドウィッチ専門店、キングジョージからはチキンにカッテージチーズ、ウォールナッツ、そしてリンゴを絡めたさっぱり甘みのあるサンドが登場する。

さらに、ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションの「海老とアスパラガスのタルタルサンド」、エーエス クラシック ダイナーの「スプリング“コブサラダ”サンドイッチ」など注目メニューが目白押しだ。

変わり種のオリジナルサンド

王道サンドウィッチももちろんだが、この機会に一風変わったユニークなサンドはぜひトライしてほしい。厳選和牛と魚介類をカジュアルに楽しめる鉄板焼 開化屋では、「彩り春野菜と焼肉ライスロール」を提供。春野菜と、お米を巻き上げた色鮮やかな贅沢な逸品は、ボリューム満点ながらヘルシーで、女性にうれしい変わり種サンドだ。

「卵づくしのプロテインブリトー」はセッグセレントから。毎朝直送されるオーガニック卵を半熟ゆでたまごをはじめとする4種に仕上げ、トマト、チキン、ブロッコリーを詰め込んだ。ピリリとスパイスの効いた自家製サルサソースでディップして、卵の滑らかさとマッチさせて。

甘党のあなたにはフルーツたっぷりのスイーツサンド

生クリームとフルーツを組み合わせたフルーツサンドは甘党にはたまらない。毛利 サルヴァトーレ クオモが提供する「桜いちごのワッフルサンドウィッチ」は、マスカルポーネとカスタードクリームをたっぷり挟んだ濃厚なワッフルサンド。甘酸っぱいイチゴと濃厚なクリームが口の中でひろがり、春気分を盛り上げてくれる。

【詳細】
六本木ヒルズ “春を感じる”オリジナルサンド
期間:2017年3月17日(金)〜4月23日(日)
場所:六本木ヒルズ
住所:東京都港区六本木6-11-1
※提供メニューはすべて六本木ヒルズ限定。
メニュー例:
・キングジョージ「Chicken Walnut & Apple」1,500円(税込) ※1日限定25食
・エーエス クラシック ダイナー「スプリング“コブサラダ”サンドイッチ」 1,404円(税込) ※1日限定30食
・エル カフェ「春野菜&バジルチキンサンド」994円(税込)
・鉄板焼 開化屋「彩り春野菜と焼肉ライスロール」900円(税込) ※1日限定20食
・エッグセレント「卵づくしのプロテインブリトー」1,000円(税込)
※ドリンクセット+300円、アルコールセット+500円
・毛利 サルヴァトーレ クオモ「桜いちごのワッフルサンドウィッチ」980円(税込) ※1日限定20個


[写真付きで読む]六本木ヒルズ17店舗で“春を感じる”サンドウィッチ - チーズやお肉たっぷり、ボリューム満点メニュー

外部サイト

  • 大阪・阪急うめだ本店「フランスフェア」マリー・アントワネットが愛したティーや老舗タルトタタンなど
  • ラ・メゾン・デュ・ショコラのイースター - ウサギ、鶏、牛、ヒツジがチョコレートに変身
  • 映画『SING/シング』コラボカフェが池袋パルコに - 限定グッズの販売も