C4カクタスで独自性を改めてアピールしているシトロエン。2017年中には基幹モデルの1台である新型C3の上陸も見込まれています。3月7日に開幕したジュネーブモーターショーでは、その新型C3をベースとした「C-Aircrossコンセプト」、4WDのミニバン「SpaceTourer 4X4 Eコンセプト」が披露さています。

1

BセグメントのコンパクトハッチをベースとしたSUVのシグネチャーモデルである「C-Aircrossコンセプト」は、シトロエンがこれから本格展開する商品戦略を切り拓くモデルという位置づけで、世界戦略車となる模様です。

C4カクタス、新型C3と同様に、「Airbump(エアバンプ)」と呼ばれる熱可塑性のポリウレタン樹脂が目を惹くエクステリアを採用。前後ドアはコンセプトカーに多い観音開きで、広々としたキャビンが確保されています。また、大きなサイズはクッション性が高く、パノラミックサンルーフにより開放感に富む空間が特徴。

内装は「Citroën Advanced Comfort」に沿って設計されていて、カラー表示のヘッドアップディスプレイ、直感的な操作が可能なシングルスポークのステアリングホイール、リヤビューカメラや、スマホをワイヤレスで充電できる装備などが用意されています。

もう1台の「SPACETOURER 4X4 Eコンセプト」は、フランスのAutomobiles Dangel社が開発した4WDをはじめ、コンポーネントや安全確保機材を採用。カモフラージュ柄の外観には、「E」のロゴがあしらわれていて、インテリアには、カスタマイズ可能なパーツのメインとしたダッシュボード、シート素材(ファブリック)が特徴で、ブルー、レッド、ホワイトの3色が用意されています。

(塚田勝弘)

カクタスのコンパクト版!シトロエンがアクティブなSUVとミニバンのコンセプトカーを初披露【ジュネーブモーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/03/07/451649/)