写真提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷は3月7日、LINE Beacon対応什器を活用したCRMシステムを開発し、2017年3月より本格的な販売を開始すると発表した。

LINE Beaconは、「LINE」上で、街中などに設置されたBeacon端末からの信号情報と連動して、ユーザーとコミュニケーションを行うことのできるサービス。

今回、凸版印刷が提供するサービスは、LINE Beaconに対応した約30mの範囲まで情報を発信可能なビーコン対応什器を店頭に設置し、来店者のLINEを検知して、導入企業のLINEアカウントから顧客のLINEにメッセージを直接配信するもの。

また、LINE ビジネスコネクトを利用し、クーポン利用やキャンペーン応募などの顧客データを活用したCRM分析・運用までをトータルで提供する。顧客が退店した後も、クーポンやキャンペーンの利用状況、利用店舗に合わせた情報をLINEで配信することで、LINE上での個別のコミュニケーションが可能となり、店舗への誘客やキャンペーン応募を促進することができるという。

価格は約250万円から。今後凸版印刷は、小売業界・メーカー各社やサービス業界などへ拡販を進め、2017年に約5億円の売上を目指す。

(丸山篤)