ソン・ガンホ&ユ・ヘジン&リュ・ジュンヨル出演「タクシー運転手」今夏の韓国公開を確定

写真拡大

俳優ソン・ガンホの次期作「タクシー運転手」(監督:チャン・フン、制作:ザ・ランプ、配給:SHOWBOX) が、今夏の韓国公開を確定した。

「タクシー運転手」は1980年5月、ソウルのタクシー運転手マンソプが、通行禁止時間(当時、戒厳令下で一般人の夜間の往来が禁止されていた) までに光州(クァンジュ) に行ってくると高額を払うという話に、ドイツの記者ピーターを乗せ、何も知らないまま光州に向かう物語を描いた映画だ。ソン・ガンホは11歳の娘を一人で育てる平凡なタクシー運転手マンソプ役を演じた。マンソプは光州で何の事件が起きているのか、外国人の客ピーター(トーマス・クレッチマン) が誰なのか、なぜ光州に行こうとするのか、何も知らないまま、高額のタクシー費をもらい滞納した家賃を払うという夢と希望を持って、光州に向かう。

公開されたスチールで、日差しの強い5月の青空の下、緑色のタクシーの中で明るく微笑んでいるマンソプの姿は、今後繰り広げられる旅程と彼らが光州で経験する事件に対する好奇心を刺激する。

「タクシー運転手」は、ドイツの記者ピーター役にドイツのベテラン俳優トーマス・クレッチマン、マンソプとピーターを助ける光州のタクシー運転手ファン氏役にユ・ヘジン、そして光州でピーターとマンソプの通訳を担当する大学生ジェシク役でリュ・ジュンヨルが出演し、強力な相乗効果を発揮する予定だ。ここに「義兄弟〜SECRET REUNION」「高地戦」などの作品を通じて、扱いにくい題材で温かい感動を与えるチャン・フン監督の演出が加わり、新鮮な面白さと感動を与えるとみられる。

「タクシー運転手」は韓国で今夏に公開する予定だ。