写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンは3月7日、DR(Digital Radiography)方式のワイヤレスX線デジタル撮影装置として、デジタルラジオグラフィ「CXDI-710C Wireless」および「CXDI-810C Wireless」の2機種を発表した。

2製品ともに、従来機種の基本性能を継承しつつ、軽量化を実現。CXDI-710C Wirelessは、半切タイプながら本体重量約2.3kgを実現したほか、裏面の四辺にホールド部を設け、角や側面に丸みを持たせることで、把持性の向上と患者の負担軽減を両立させることに成功したとする。

また、液体が撮影部内に侵入しにくい構造を採用することで、保護等級IPX7に準拠したほか、撮影部の表面に白色を採用することで、X線の照射範囲が撮影場所の明るさに左右されずに確認できるような工夫が施されている。さらに、撮影部とX線発生装置のみで撮影できるモードや撮影部の内蔵メモリに画像を保存する機能の搭載により、電波状況が不安定な環境や緊急時でも撮影が可能となっている。

なお、2製品ともに2017年7月1日より発売が開始される予定で、参考価格はCXDI-710C Wirelessが2200万円(税別)、CXDI-810C Wirelessが2000万円(同)となっている。

(小林行雄)