【REPORT】チ・チャンウク「心はいつも皆さんの隣にいます」今年初の来日コンサート開催

写真拡大 (全6枚)

ドラマ「THE K2〜キミだけを守りたい〜」「ヒーラー〜最高の恋人〜」「奇皇后」など数々の話題作で主役を務め、益々韓流スターとしての地位を確固たるものにしている俳優チ・チャンウク。また今月公開された自身の初主演映画「操作された都市」では、迫力満点のアクションシーンを見事にこなし、すでに観客動員数200万人を突破する人気作となっている。そんなチ・チャンウクが今年に入って初めてのコンサート「JCW 3rd Concert 君におくる愛の歌」を2月17日(金)、東京国際フォーラムホールAで開催した。ミュージカルにも精力的に出演しており歌唱力にも定評のある彼は、生バンドと共に歌はもちろんのこと、まるでファンミーティングのような触れ合いの時間もたっぷりと作り、濃厚なファンとの3時間を過ごした。

コンサートは大ヒットドラマ「奇皇后」の映像と共に同ドラマのOST(劇中歌)「蝶々に」からスタート。ステージに登場したチ・チャンウクは大きな拍手に迎えられると、安定した歌唱力を見せ、会場に美しい歌声が響いた。会場全体を見回して笑顔で手を振ると「こんにちは! 僕はチ・チャンウクです。日本のファンの皆さん、会いたかったです」と挨拶。続けて「東京でコンサートをすることができました、とてもうれしいことだと思っています。2017年の初コンサートです」と話した。そしてこの公演はこれまでと比べても特に歌をたくさん披露する公演になるとし、なんと19曲を披露すると予告。「え〜!」とファンが驚くと「緊張していますしプレッシャーもあります。でも、皆さんと一緒に楽しむんだと考えれば、僕も楽しむことができると思います。いろいろな姿を見せたくてたくさんのことを準備しました。今日の公演のタイトルは『君におくる愛の歌』です。これまで僕が皆さんに聴いていただきたいと思っていた曲を皆さんだけのために歌います」と笑顔を見せた。

カラオケの十八番から初披露の日本楽曲まで…多彩なジャンルを披露

その後はさまざまなジャンルの曲で魅了。この公演のためにアドバイスをたくさんもらったという友人であり歌手の2BiCの「Bye Bye Bye」については「カラオケに行ったら必ず歌う曲。友人より僕がたくさん歌っていると思います(笑) 友人も自分よりも君の方がうまく歌えるみたいだと言っていました(笑)」とエピソードを公開。その言葉通り、歌の世界にすっと入り込み、流れるような心地よい高音でファンを魅了した。また、もし誰かに告白するとしたらどんな曲を歌うか考えた時に浮かんだという2曲「君という贅沢」「とても可愛い」を初披露。特に「とても可愛い」では、“ファンに対する告白ソング”という意味が込められているため、その気持ちをより正確に伝えるために字幕を用意する配慮も。「ぜひ一度だけ笑う顔を見せてくれるなら 差し出した手を握ってくれるなら」と愛する人を思う気持ちをキラキラした瞳で歌い、途中客席に下りていきファンに一本のバラをプレゼントするというロマンチックな演出まで行い、最後には「ホントにキレイですよ」と伝えてファンの心を奪った。

「次も初めて歌う曲なのですが、日本の歌です」と切り出したチ・チャンウクは「汗が出ます……(笑)」と緊張した面持ち。ファンから「頑張って〜!」と声がかかると「ありがとうございます。皆さん知っている曲だと思いますので一緒に歌ってください」と「Rainy Blue」を披露。それまで緊張していたのが嘘のように、完璧な日本語の発音と曲の解釈で見事に歌い上げると、客席からは大きな拍手が送られた。それを見たチ・チャンウクは、やりきったというようなここまでで一番の清々しい笑顔を見せた。

ファンと近い距離でコミュニケーション…熱いファンの愛に感激

曲の合間にはさまざまなトークも披露。最近ミュージカル「あの日たち」を終えたチ・チャンウクは「僕にとって特別な公演だったので、終わった時は気持ちが少し複雑でした。皆さんが応援してくれて、無事に終えることができてよかったです」と話した。また現在韓国で公開中の主演映画「操作された都市」については「初の主演映画でしたので、緊張とワクワクで公開を迎えました。今日ポスターを持って来てくださっている方もいらっしゃいますね。おかげ様でとても反応がよく、うれしいです」と笑顔を見せた。

今回の公演はコンサートという名目であるにも関わらず、ファンと近い距離で交流する時間もたっぷりと設けられた。お題に合ったファンをチ・チャンウクが客席に行き直接探しに行く「あなたはどこにいますか?」ゲームでは、ユニーク&難しいお題が続々と登場。「チ・チャンウクと同い年の人」「チ・チャンウクに腕相撲で勝てる人」「勝負事が好きな人」などのお題に合うファンを客席まで探しに行き、ステージへ。「同い年の人」では明らかにチ・チャンウクよりも年上のファンを選んでしまい、年齡を公開しようとするファンのマイクを瞬間的に下げて優しい配慮を見せたチ・チャンウク。肩を組んで「同い年に見えませんか?」と話すと会場から大きな拍手が上がった。このファンはチ・チャンウクが出演したミュージカル「あの日たち」を24回観に行ったと話し、この言葉にはチ・チャンウクも大感激した様子だった。

女の子相手に本気モード?爆笑の腕相撲対決

腕相撲の相手として選んだのは小学校低学年ほどの女の子。チ・チャンウクと手を組んだ女の子は「(チ・チャンウクが) 手に汗かいてる」と話し爆笑を誘い、その後顔を赤くして真剣に? 勝負に挑むも負けたチ・チャンウク。すると女の子は「本気出したら勝てた」と話し、最後は2人で手を繋いでジャンプして喜ぶ姿で会場を笑わせた。最後に馬のキャラクターの乗用玩具“ロディ”にまたがってチ・チャンウクとレースをすることになったファンは、またがってすぐに転倒してしまったため、ロディを手に持って走ることに。ロディに乗ってぴょんぴょん飛ぶチ・チャンウクと、ロディを抱いて走る女性というシュールな光景に、会場の爆笑は止まらなかった。

楽しいゲームタイムの後、公演の後半にも多彩なステージは続いた。事前にファンから歌ってほしい曲を募集した中から「僕自身もとても好きな曲で、聴いてほしいと思っていたんです。バレンタインのプレゼントになったらうれしいです」と「I LOVE YOU」を披露。その後も「瞳を閉じて」「子供のように」「私は蝶々」「Kissing You」などで会場を沸かせた。そして「僕にはロマンがあります。いつか愛する人ができたら、イ・ジョクさんのアルバム『愛』に入っている曲を全部歌ってあげたいんです。その中の一曲を皆さんに歌います」と「君がいない」を歌い、生バンドと絶妙な呼吸で力強い歌声を披露した。

入隊前にまた会える! 4月開催の日本イベントをサプライズ発表

ここで「残念ながら最後の一曲になりました」と話すとファンからは「え〜」と惜しむ声。「本当に時間がたつのが早いですね。残念ですが、でもこれが皆さんとの最後ではありません。なぜなら、僕も今日聞いた話なのですが、4月に東京、大阪に行くことになりました!」とここでサプライズ発表が! チ・チャンウク主演ドラマ「THE K2〜キミだけを守りたい〜」のDVD-BOX限定発売が決定し、購入者イベントが決定したのだ。チ・チャンウクはこれまで入隊が近いと明かしてきただけに、今回のイベントが入隊前最後の日本イベントになるのではないかと考えていたファンも多くいたようだったが、4月にもう一度来日するというニュースを聞き、会場は大歓声に包まれた。チ・チャンウクは「その時が軍隊に行く前に最後に日本のファンの皆さんにお会いする機会になるのではないかと思います」と話した。そして「2017年の最初のコンサートこのように終わることができて幸せです。この時間を一緒に過ごしてくださった皆さんに心から感謝します。本当に忘れられないと思います」と感謝の言葉を述べた。ラストは「守ってあげる」を歌いながら客席へ行き、ファンに挨拶。そしてこの日のために用意したという手紙をすべて日本語で朗読した。「とても残念ですがしばらくの間お別れになります。そんなに長くはならないはずです。心はいつも皆さんの隣にいます。また会えますから寂しがらないでくださいね」と心の込もったメッセージを伝えた。アンコールでは「LA・LA・LA LOVE SONG」を明るく披露、4月の再会を誓った。

19曲もの曲を披露し、生バンド&生コーラスで多彩な楽曲で魅了することはもちろん、「コンサート」という名前には収まりきらないほどファンとの時間を作り、充実した時間を準備してくれたチ・チャンウク。4月にはどのような姿を見せてくれるのか早くも楽しみだ。

■イベント情報
「JCW 3rd Concert 君におくる愛の歌」
2017年2月17日(金)
開演:19:00
会場:東京国際フォーラム

■コンサート放送情報
チ・チャンウク来日コンサート「JCW 3rd Concert 君におくる愛の歌」放送決定!
コンサートの模様を4月「衛星劇場」でテレビ初放送
・放送局:衛星劇場
・放送予定:2017年4月

■イベント情報
チ・チャンウク主演ドラマ「THE K2〜キミだけを守りたい〜」
DVD-BOX発売&購入者イベント開催決定!
【購入者イベント参加券付DVD-BOX】ファンクラブ限定発売

■ファンクラブ情報
チ・チャンウクジャパンオフィシャルファンクラブ:http://www.jichangwook.jp