写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インフォマートは3月7日、同社が提供する「BtoB(企業間電子商取引)プラットフォーム」と、インテリジェンス ビジネスソリューションズが提供する「POS+ food(ポスタスフード)」のシステム連携を開始した。

インフォマートでは、日々の受発注や請求業務など企業間の紙で行われている商行為をWeb上で行えるシステム「BtoBプラットフォーム」を提供している。

インテリジェンス ビジネスソリューションズが提供する「POS+ food」は、飲食店をトータルサポートするクラウドPOSレジ。店舗運営に必要な機能や、売上向上に役立つ分析機能、多言語・多通貨・多消費税対応など海外への出店戦略のサポートを提供している。

今回の連携により、BtoBプラットフォームで発注した仕入データを、POS+ ポスタスへ取り込む事が可能になる。これにより、日々の仕入データが一元化され、スピードアップ、ミス撲滅、仕入管理業務での経営効率化が実現する。

今後は、Web上のプロモーションを中心に、両社の利用企業に連携を周知するなど、食品業界などへの販促活動を実施し、顧客の生産性向上、時短、コスト削減、ペーパーレスによるECOを推進していくという。

(山本明日美)