写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アドビ システムズは3月7日、Lightroom mobileに新機能「RAW HDR撮影モード」を追加した。同日より提供を開始した、iOS版バージョン2.7およびAndroid版バージョン2.3に搭載され、無料で利用できる。

Lightroom mobileのRAW HDR撮影モードは、3枚のDNGファイルを撮影して自動的に位置を修正、合成とゴースト除去、トーンマッピングを行う。3枚のRAWデータ (DNG形式) を合成することで、スマートフォンで一般的な2枚のJPEGによるHDR写真に比べて、よりダイナミックレンジの広い画像を得られる。デスクトップ版のAdobe Camera RawとLightroomと同じHDR技術を用いており、同等の画質を提供するという。

iOS版では、DNG形式のRAW撮影が可能なiPhone 6s/6s Plus/7/7 Plus/SE、iPad Pro 9.7インチが同機能の対応機種。Android版では現在のところ、Samsung Galaxy S7/S7 Edge、Google Pixel/Pixel XLの4機種のみがサポートする。

RAW HDR撮影モードのほか、今回のバージョンアップによって、iOS版では元画像の書き出し、ジェスチャーによる評価やレビュー、Force Touch対応による高速カメラ起動などの機能が追加。Android版では、Creative Cloudメンバーであれば線や円形の部分編集が可能となった。

(阿部求己)