ミシェル・ロドリゲス Photo by 28Jennifer Lourie/Getty Images

写真拡大

 日本のSFアクション漫画「銃夢(ガンム)」をロバート・ロドリゲス監督が実写映画化する「Alita: Battle Angel(原題)」に、ミシェル・ロドリゲスが出演していることがわかった。ミシェルは過去、ロドリゲス監督「マチェーテ」「マチェーテ・キルズ」に出演している。

 本作は、ジェームズ・キャメロンが15年以上前から製作を切望してきた企画で、主な撮影はすでに終了している。木城ゆきと氏の原作「銃夢(ガンム)」は、ゴミやスクラップが堆積したクズ鉄町を舞台に、医師イド・ダイスケによって瓦礫のなかから助け出されたサイボーグ少女ガリィが、賞金稼ぎとして戦いながら生きる意味を見いだしていくというストーリー。

 26世紀を舞台にした映画版では、格闘スキルに長けたヒロインのガリィ(英語版ではアリータ)役にカナダ出身の女優ロサ・サラザール(「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」)が抜てきされ、イド・ダイスケ(英語版ではDr.ダイソン)役をクリストフ・ワルツが演じる。英エンパイアによれば、ミシェルはヒロインの仲間のサイボーグ戦士ゲルダ役を演じるようだ。ほかに、ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー、マハーシャラ・アリ(「ムーンライト」)、エド・スクレイン(「デッドプール」)らが共演。「Alita: Battle Angel」は、2018年7月20日全米公開の予定だ。

 ミシェルは、大ヒット・カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの最新作「ワイルド・スピード ICE BREAK」に出演しており、4月14日から全米公開、28日から日本公開。