原作の世界観を完全再現 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

写真拡大

 士郎正宗氏によるSF漫画「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッド実写化した「ゴースト・イン・ザ・シェル」の日本限定となる本予告が公開された。

 押井守監督によるアニメ版「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」も人気を博すシリーズを、「スノーホワイト」のルパート・サンダース監督が実写映画化。脳とわずかな記憶を残して全身が機械化された捜査組織“公安9課”の捜査官・少佐(ヨハンソン)が、サイバーテロ事件を捜査するなかで、自身の驚くべき過去を知る。少佐の上司・荒巻をビートたけし、少佐の右腕バトーをピルウ・アスベック、サイトーを泉原豊、トグサをチン・ハンがそれぞれ演じるほか、マイケル・ピットが事件に深く関わる革命家クゼに扮する。

 先日公開されたポスターに続き、予告編も本国のパラマウント・ピクチャーズの許可を得、日本限定の素材を使って作成されたもの。近未来都市の空撮カットから始まり、公安9課が「殺すだけじゃない。脳をハックしている」(少佐)と不可解なテロ事件の捜査にかかわっていくさまがサスペンスフルに描かれる。少佐が驚異的な身体能力で銃弾をかわし、テロリストと交戦するアクションシーンや義眼を外したバトーの姿、荒巻が威厳たっぷりに「少佐、お前に任せる」と指示する様子など新映像がたっぷりと盛り込まれており、「私は何人目なの?」「彼らは私を制御できないわ」という少佐の意味深なセリフがミステリーを盛り上げている。予告編には、人気キャラクター、クゼを正面からとらえたシーンも収められている。

 サンダース監督は「この作品を見るときっと感情的になるよ。もちろんアクションもたくさんあるし、クレイジーで極端な近未来を描いているけれど、人間の脳が組み込まれたアンドロイドである主人公が、自分が誰であるのかを探そうとする旅なんだ。サイバーパンクの世界観はキープしつつ、主人公の内面を描いたよ。実写化にあたって、色彩もこだわったんだ。マンガ、アニメを実写化するのはトリッキーで難しい部分があるものだが、非常に原作に強さがあるし、キャスティング、ロケーション、デザインを1から作り上げて、違和感のない世界観に仕上げたつもりだよ」と原作に敬意を払いつつ、少佐に踏み込んだ物語になると解説している。

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、マーベル・スタジオの設立者アビ・アラッドが製作、アニメ版の製作会社プロダクションI.Gの石川光久代表が製作総指揮に名を連ねる。4月7日から全国公開。