ジョン・キャメロン・ミッチェル(『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』)

写真拡大

米CBSの人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』のスピンオフで、同局の動画配信サービスCBS All Accessにて配信されている『The Good Fight(原題)』に、ミュージカル映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で原作/監督/脚本/主演を務めたジョン・キャメロン・ミッチェルが出演することが分かった。

米TV Lineによると、ジョンが登場する3月19日のエピソードは、ソーシャルメディアにおける嫌がらせの言動が争いの対象となる回で、彼は米ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」の編集者で過激な発言で注目を集めるミロ・イアノポウロス氏のような扇動者の役を演じるという。この役については、「うるさい知識人、過度に教育されたペテン師、政治をゲームとみなし、問題を引き起こして敵の間に不和を招くことを好む」という設定でキャスティングが行われたようだ。

『グッド・ワイフ』の最終話から1年後を描く『The Good Fight』は、本家のオリジナルキャストである弁護士ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)と、シーズン7でレギュラーメンバーだった弁護士ルッカ・クイン(クシュ・ジャンボ)を中心に描く法廷ドラマ。クリエイターのロバート&ミシェル・キング夫妻は、昨年11月に行われた大統領選挙の影響を受けて脚本を書き直したそうで、現在のリアルな社会情勢をドラマにも反映させている。

『The Good Fight』は米CBS局の動画配信サービスCBS All Accessにて配信されている。(海外ドラマNAVI)