防弾少年団、ソウルの中学校をサプライズ訪問…様々なファンサービスに生徒ら“歓喜”

写真拡大 (全3枚)

防弾少年団が、ソウル市江西(カンソ) 区にある三政(サムジョン) 中学校をサプライズ訪問し、生徒たちに忘れられない思い出をプレゼントした。

先月、カムバックと同時に音源サイトの上位圏を占領し音楽放送1位を記録、再度人気を証明した防弾少年団は6日、三政中学校の生徒たちが集まっている運動場をサプライズ訪問し生徒たちと特別な時間を過ごした。

今回の“スクールアタック”イベントは、防弾少年団がモデルとして活動している韓国の移動体通信事業者のイベントの一環として行われた。

この日防弾少年団は、運動場の朝礼台に上がり生徒たちに新学期の挨拶を述べた。また生徒と共に防弾少年団に関するクイズイベントを進行、問題を当てた生徒にサイン入りCDをプレゼントし、生徒たち一人ひとりと目を合わせ全校生と一緒に記念撮影するなどファンサービスを尽くした。

イベントに出席した生徒たちは、「当たるかなと思いながらイベントに応募したら当選できて本当に幸せだ。一生の運を今日全部使ったみたい」「防弾少年団が先月カムバックと同時に韓国活動を終えてとても残念だったが、今日のイベントでその残念さが消えた」などの感想を述べた。

“スクールアタック”イベントは、韓国の移動体通信事業者SKテレコムが卒業・入学シーズンを迎え、景品贈呈プロモーションの一環で防弾少年団とGFRIENDが応募に当選した学校をサプライズ訪問するイベントだ。GFRIENDの“スクールアタック”イベントも、今月中に行われる予定である。