6日、韓流を制限する「限韓令」の影響で追い出された韓流タレントたちが、香港に大挙して押し寄せる事態になっている。写真は少女時代。

写真拡大

2017年3月6日、韓流を制限する「限韓令」の影響で追い出された韓流タレントたちが、香港に大挙して押し寄せる事態になっている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

昨年から話題になっている“韓流禁止令”の「限韓令」とは、韓流エンタメを中国市場から締め出す措置のこと。韓国が米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を決めたことで、その制裁措置としてスタートしたと言われるものだ。ここ最近、この「限韓令」がますます威力を増し、韓流タレントたちが中国で活動できないほか、中国の動画サイトからは韓国ドラマやバラエティーの動画が一斉に姿を消している。

近年、巨大な市場を抱える中国に相次いで進出し、がっぽり稼いでいた韓流タレントたちがこの市場を失った今、目を向けているのは香港や台湾、日本、そしてマレーシアやタイといった東南アジアだ。中でも香港は、中国人が行きやすい場所であることから、注目度が最も高い。

香港のあるイベント会社によると、ここ数カ月で香港にやって来た韓流タレントの数は、以前の3倍近くと急増している。今後2カ月を見るだけでも、少女時代やJYJのジェジュン、防弾少年団、俳優のソ・ジソプやイ・ドンウクなど、少なくとも13組のイベントが開催予定となっている。(翻訳・編集/Mathilda)