欅坂46『二人セゾン』(初回限定盤A)

写真拡大

 3月7日放送の『KEYABINGO!2』(日本テレビ系)では、「クールビューティーNO.1決定戦」が放送された。

 番組では、クールなイメージを持つ欅坂46のメンバーの前に、様々な刺客が登場。その刺客のパフォーマンスを見て、クールな表情を保つことができるのかという企画が行なわれた。刺客から5秒以上目をそらす、もしくは表情を崩したら即失格というルールで、番組の司会進行はサンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしが務めた。

 3つのグループに分かれて第1回戦をスタートすると、グループAチームの最初の刺客にはヨーヨーパフォーマーBLACKが登場し、最初に志田愛佳が脱落となった。パフォーマンスの終了後、伊達から「志田ダメだった?」と聞かれ、志田はパフォーマンスの凄さに驚いて表情を崩したのではなく、「顔が面白かった」と理由を答え、笑いが起こった。

 その後も、刺客としてサンシャイン池崎が登場し、ネタを披露。池崎が観覧席のメンバーを爆笑させるほどのネタを披露しても上村莉菜、原田葵、今泉佑唯が動じず、決勝に進んだ。伊達から「どうなの? 全く笑わない3人の前でイエ〜イって」と尋ねると池崎は「辛かったです」と本音を漏らした。また、日頃から池崎のネタを真似しているという織田奈那が「超絶怒涛のラクダ系アイドル そう 我こそは サンシャイン織田」とネタを披露。最後に「ジャスティス」という決めポーズを池崎とともに披露し、共演を喜んだ。

 続いて、グループBの挑戦へ。番組では「本命はツンデレクールガール渡邉理佐とクールなセンター平手友梨奈」と紹介され、メンバーの中でも特にクールな2人が勝ち残るのではと期待がかかる。しかし、刺客として登場したマジシャンYOUが、くしゃみをするときに頭がおへその高さまで落ちてくるマジックを披露すると、佐藤詩織の後に平手、渡邉と次々に脱落してしまった。渡邉が「くしゃみをする寸前の顔がすごい面白い」と笑ってしまった理由を明かすと、平手も「りさと一緒でくしゃみするまでが」と答え、笑いを起こしていた。最終的にはグループBでは小池美波、長沢菜々香が決勝に進出した。

 グループCのメンバーは、全員脱落し、決勝戦は上村、原田、今泉、小池、長沢の5人の対決に。小池は「私は関西人なので、関西魂が出てすぐに笑いたくないって思うんで」と意気込みを語るが、ブログに書くほど好きな芸人・カミナリが登場し、コントを見て笑ってしまった。そして、決勝前に「昨日お母さんと大げんかして、まだ仲直りしてないので、笑えない気がします」と語っていた長沢と今泉が優勝した。だが、長沢は優勝しても目の色一つ変えず、伊達が「もう忘れようおかあさんとのケンカ」とコメント。「このOAしてる時お母さんとも仲良くしてるんだから」と続けると、長沢「してるかな?」と答え、スタジオに笑いを起こした。

 次回の放送は、ドッキリ企画のオンエアを予定している。

(向原康太)