中国は高速鉄道の輸出を推進しており、高速鉄道の「元祖」である日本の技術力を認めつつもライバル心を燃やしている。実際これまで東南アジアの高速鉄道プロジェクトを巡って日本と中国はたびたび受注合戦を繰り広げてきたが、その競争は今後しばらく続くことになるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国は高速鉄道の輸出を推進しており、高速鉄道の「元祖」である日本の技術力を認めつつもライバル心を燃やしている。実際これまで東南アジアの高速鉄道プロジェクトを巡って日本と中国はたびたび受注合戦を繰り広げてきたが、その競争は今後しばらく続くことになるだろう。

 東南アジアで高速鉄道計画が持ち上がるたびに、日本と中国が毎回名乗りを上げているが、中国メディアの捜狐はこのほど、日中の高速鉄道受注合戦について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本が東南アジアの高速鉄道計画の入札に参加するのは「力をつけてきた中国に対する焦りがあるため」と主張。しかし、日中の受注合戦は熾烈なもので、互いに引き下がらないため、どちらが受注しても互いに得るものはなく相手国だけ得をするという結果になっていると指摘した。日本が受注したインド高速鉄道計画や、中国が受注したインドネシアの高速鉄道計画などがそれに該当するという。

 では、そこまでして東南アジアに高速鉄道を輸出しなければならない理由は何だろうか。1つの理由には「人口の多さ」があるという。人口が多ければ移動の需要があり、収益を見込めるからだ。これに加えて中国では、「一帯一路」という戦略のために東南アジアがどうしても必要なのだという。

 一方の日本は、新幹線の開発コスト回収のために売る場所が必要であるうえ、日本は国内総生産(GDP)で中国に追い越され、「世界の舞台の中心」を目指して発言権を強める中国に対し、どうにかして現状を維持したい日本はアジアの「主導権」を高速鉄道を通じて獲得したい考えだと論じた。

 記事は、日本が「国民に偏った情報を流して扇動し、海外ではメディアを買収して中国を悪く言う」ほど必死だと主張。また、日本の東南アジア市場での受注成功も長年にわたる「ばらまき」の効果が出たに過ぎないとした。

 最後に、日中の競争で得をしているのは東南アジア諸国であるものの、戦いの火ぶたは切って落とされており、覚悟を決めて日本との新たな受注合戦に向かうよう勧めた。新幹線の技術力と安全性は世界的な評価を得ている。価格の安さを武器にする中国に負けず、好条件で東南アジアにおける高速鉄道計画の受注獲得を期待したい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)