エマ・ワトソン、『ハリー・ポッター』のキャストのグループチャットがあると明かす

写真拡大

女優のエマ・ワトソンが、『ハリー・ポッター』シリーズのキャストのグループチャットがあると明かした。

映画『ハリー・ポッター』シリーズで10年に渡り、秀才のハーマイオニーを演じたエマは、ディズニー実写版『美女と野獣』(4月21日日本公開)でベルを演じる。

そんなエマはゴシップサイト「ETオンライン」に「私たちは(メッセージアプリ)WhatsAppのグループがあるわ。上映会に来てもらうために『ハリー・ポッター』のメインキャストみんなを(グループチャットに)招待したの」「みんなとてもサポートしてくれて、私は昔の共演者からすごくサポートを受けているわ」と明かした。

また、エマは『美女と野獣』で歌を披露することにナーバスだったとのこと。エマは「私はフローレンス・フォスター・ジェンキンスだと思わされたわ。なんていうか、私はひどいオンチで、だけど誰も私がとてもオンチだって言えない感じ。それが私が一番怖かったことなの」「(恐れを)乗り越えるのに6か月くらいかかったし、映画の半分くらいでようやく私は『たぶん、大丈夫』ってなったわね」と話している。フローレンス・フォスター・ジェンキンスさんは歌唱力がなかったことで知られるソプラノ歌手で、映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(16)でメリル・ストリープが演じた。

エマは今作の撮影でたくさんの葛藤があったようだが、『ハリー・ポッター』のキャストたちは映画の成功を願っているだろう。