ニューヨーク市のタイムズ・スクウェアに登場した映画『LOGAN/ローガン』の巨大ポスターが、iPad Proで作成されたものであることがわかりました。

日本では6月公開

『ローガン』は、マーベル・コミックの映画『X-MEN』のキャラクター「ウルヴァリン」を主人公とした映画で、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『ウルヴァリン:SAMURAI』に続く第3作目となります。
 
ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンの最終作となる同映画は、アメリカでは3月3日に公開、日本では6月1日に公開予定となっています。

iPadで作成された巨大ポスターが登場

その『ローガン』のIMAX版の公式ポスターが、イラストレーターのデイブ・ラポザ氏によって、すべてiPad ProとApple Pencilで描かれたものであることが判明、話題となっています。
 
ラポザ氏のツイッターによれば、ポスターはアプリ「Procreate」を用いて作成されています。最初に縦長のバージョンが作成され、その後『ローガン』を配給する20th Century Foxの提案によって横長版が作成。それがタイムズ・スクウェアに掲示されることになった模様です。
 

iPad Proの次期バージョンは、3月に開催見込みのAppleスペシャルイベントで発表されると期待されています。特に、本体サイズは現行の9.7インチ型と同じながら、ベゼルの薄いデザインのために画面サイズは10.5インチに大画面化すると見られる、10.5インチ版が発表されるかどうかに注目が集まっています。
 
Logan-vertical-poster
 


 
こちらが、『ローガン』の予告編です。
 

 
 
Source:Cult of Mac
(lunatic)