ここ数年のダイエットのトレンドと言えば「糖質制限ダイエット」。でも主食を抜くのはちょっと…という人や、すぐに我慢できなくなってリバウンドという人も多いという話を聞きます。そんな時に思い出してもらいたい、ダイエットの基本。それは、「お菓子などの甘い物を断つ」ということ。そうは言っても疲れた時には甘い物が食べたくなるし、スイーツを断つなんて無理!というあなた。スイーツを断つことで得られるメリットを知ったら考えが変わるかも?!

お菓子ってやっぱり体に悪いの?

お菓子を手作りすると分かるように、スイーツにはお砂糖やバターなどの油分がたっぷりと使われていますよね。それが市販品だと、誰にでも甘くて美味しいと感じてもらえるように、驚くほど多くのお砂糖や塩、油が使われているのです。お菓子を食べると体内に過剰に糖質や脂質、塩分などを取り込むことになり、それらを分解し消化するために内臓に大きな負担をかけることになります。

様々な不調の原因にもなるアレがたっぷり!

気をつけたいのはお菓子に使われている油の成分です。市販のお菓子に使われる多くの油は、オメガ6系脂肪酸のリノール酸であったり、トランス脂肪酸を含んでいたりします。紅花油やコーン油、ひまわり油、菜種油、大豆油、サラダ油などはすべてオメガ6系の脂肪酸です。オメガ6系の脂肪酸は摂り過ぎると、動脈硬化やガン、認知症、アトピー性皮膚炎、花粉症など様々な病気や不調の原因になると言われています。また、マーガリンやショートニングなどに代表されるトランス脂肪酸は、アトピーの悪化や心臓病の発症リスクを高めるといった危険性が示唆されていて、海外では上限値を厳格に法規制している国もあるほどです。

お菓子を食べないと体はどう変化する?

考えられるメリットは見逃せないものばかりで一度試したくなるはずです。例えば…

●疲れにくくなる
●風邪を引きにくくなる
●吹き出物が治ったり肌にハリが出る
●花粉症やアトピー性皮膚炎の緩和が期待できる
●イライラしなくなる
●体重の減少も

いかがでしょうか。これは余計な糖質や脂質を消化する必要がなくなるため、体が疲れにくく、風邪を引きにくくなるなど免疫力がアップするため。それに過剰な糖質や脂質は活性酸素を増やし、体の老化や肌のたるみ・シワなどを引き起こしますが、お菓子を断つことで、肌のハリが出てくるなどの美容面でも嬉しい効果が期待できます。

また、お菓子と言えば疲れたりイライラした時に食べたくなる物ですが、食べすぎると血糖値が急激に乱高下し、逆に不安やイライラを増長させるホルモンが多く分泌されてしまうのです。そのためお菓子を断つことで、イライラが軽減されるという効果も。ほかに、花粉症やアトピー性皮膚炎、生理痛やPMSの緩和効果も注目されています。

スイーツを断つことのメリットの多さに驚いた人も多いのではないでしょうか。全く食べないのは難しいかもしれないけれど、意識して控えることはできるかも、と思えてきませんか?体にも心にもメリットたくさんのスイーツ断ち。糖質カットなどで厳しい制限をする前に、ダイエットの基本に戻って始めてみませんか?


writer:サプリ編集部