日本を代表するキャストが結集 (C)2017「花戦さ」製作委員会

写真拡大

 織田信長、豊臣秀吉といった天下人とも関わりを持ち、茶人・千利休とも親交があった花僧・池坊専好を狂言師・野村萬斎主演が演じる「花戦さ」の劇中カットが、一挙公開された。

 萬斎のほか、歌舞伎俳優・市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市といった名優が結集した時代劇。「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督とNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の脚本家・森下佳子が組み、専好(萬斎)と千利休(佐藤)の友情や、豊臣秀吉(猿之助)との対立を描く。音楽は、スタジオジブリ作品で知られる久石譲が手がける。

 本作は、圧政で民衆を苦しめ、親友の利休を自害に追い込んだ秀吉に、専好が華道で戦いを挑む“花戦さ”のゆくえがつづられる。劇中カットでは、“花”の専好と“茶”の利休が並び立つ姿や、専好と武将・前田利家(佐々木)や幼なじみの町衆・吉右衛門(高橋克実)、弟弟子・専武(和田正人)の2ショット、秀吉にひれ伏す利休、雄々しく立つ信長(中井)の姿などが収められている。

 「のぼうの城」でも秀吉と戦う城代を演じた萬斎が、コミカルな演技で秀吉にけんかを売った僧侶を熱演。場面写真の中でも、真剣に花を生ける姿から笑顔満面で叫ぶものまで、カットごとにくるくると変わる表情を見せている。また、「64 ロクヨン 前編」で第40回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞に輝いた佐藤は、慈愛に満ちた表情で激動の人生を駆け抜けた利休の内面を表現している。本作では上記キャストのほか、森川葵、山内圭哉、吉田栄作、竹下景子らが脇を固める。

 「花戦さ」は、6月3日から全国公開。