写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米BOX OFFICE MOJOは3月3日〜3月5日の全米週末興業成績を発表した。

『LOGAN/ローガン』が今週初登場1位にランクイン。マーベル・コミックの『X-メン』のキャラクター"ウルヴァリン"を主人公としたスピンオフ映画シリーズ3作目で、前作に続き、ジェームズ・マンゴールド監督が指揮を執る。原作コミック『Old Man Logan』のエピソードをもとに、主人公・ウルヴァリンを演じるヒュー・ジャックマンと、"プロフェッサーX"役のパトリック・スチュワートの最後の戦いが描かれる。

3位の『The Shack(原題)』も今週初登場。全米でベストセラーとなるも、キリスト教の解釈を巡り物議を醸したウィリアム・ポール・ヤングによるスピリチュアル小説『神の小屋』を映画化した作品で、『アバター』のサム・ワーシントンが主役を務める他、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』でアカデミー賞助演女優賞を獲得したオクタヴィア・スペンサーや、日本人モデル・タレントのすみれがハリウッドデビューを飾った作品としても日本では話題だ。

前週初登場トップに立った『Get Out(原題)』は2位に。『レゴ バットマン ザ・ムービー』は2位から4位に転落したものの、公開から4週間で累計興行収入1億4,863万1,801ドルを稼ぎ出している。

5位にはローレン・オリヴァーによる同名ヤング・アダルト小説を映画化した『Before I Fall(原題)』。『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』のゾーイ・ドゥイッチ主演で、"リア充"生活を満喫していた女子高生が、同じ毎日を繰り返すタイムループ世界に突如巻き込まれる物語だ。

○北米週末興行成績TOP 10(3月3日〜3月5日)

(神野恵美)