「Steamコントローラー」

写真拡大

パソコン(PC)のパーツやスマートフォンのアクセサリーなどを扱うリンクスインターナショナル(東京都千代田区)は、PC向けのゲーミングプラットフォーム「Steam(スチーム)」の公式ハードウェア「Steamコントローラー」と「Steamリンク」を2017年3月上旬に発売する。

多人数でPCゲームを楽しめる

従来のコントローラーでは想定していなかったという「FPS(1人称視点シューティング)」やシミュレーションゲーム、「MOBA(マルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ)」など全ての「Steam」ゲームに対応。キーボードとマウスを使用してプレイする従来のスタイルから、リビングルームや寝室などのテレビで気軽に、多人数でPCゲームを楽しめる。

「Steamコントローラー」は、伝統的なゲームパッドの入力解像度や精度を改善。「デュアルトラックパッド」を備え、高精度の入力が必要なPCゲーミングを気軽にプレイできる。トラックボールやアダプティブセンタリングジョイスティック、ステアリングホイールなど、必要に応じてパッドをプログラム可能だ。

「Steamリンク」は、テレビと家庭内ネットワークに接続するだけで「Steam」を実行しているPCを自動検出。映像をテレビへストリーミングし、コントローラー入力はリアルタイムで送受信される。「Steamコントローラー」のほか、「Xbox One/360」の有線/無線コントローラーなどをサポートする。

価格はいずれも7344円(税込)。