人工知能を搭載し、人物撮影に強いカメラアプリ「Microsoft Pix」がアップデートされ、フラッシュ撮影に対応したほか、タイマーやグリッドなどの使い勝手が向上し、動作が高速化しました。

人工知能カメラアプリ

「Microsoft Pix」は、人物をきれいに撮ることに力を置いたカメラアプリで、人物の表情が自然に映るほか、瞬時に撮影した10枚の写真から「いいとこ取り」ベストな1枚を判定してくれる特徴があります。
 
また、iPhoneがサイレントモードの状態で撮影すれば、シャッター音を鳴らさずに写真が撮れるので、静かな場所での撮影にも向いています。
 
バージョン1.0.28となった今回のアップデートで、フラッシュ撮影に対応したほか、構図を決めやすくするグリッドや、セルフタイマーがツールボックスにまとめられ、使いやすくなっています
 
また、アプリのサイズが小型化するとともに起動が高速化し、次の撮影までの間隔も短縮されています。

フラッシュ撮影対応、セルフタイマーにも気の利いた気配り

Microsoft Pix
 
横撮影なら左下端(縦撮影なら左上端)の、カメラと工具を組み合わせたアイコンを開くと、「フラッシュ」「セルフタイマー」「グリッド」の切り替えアイコンが開きます。
 
Microsoft Pix
 
稲妻にAを組み合わせたオートフラッシュなら、明るさを自動判定してフラッシュが発光、稲妻マークが青くなっていれば強制発光、稲妻マークの横に禁止マークが出ていれば発光禁止です。
 
3秒か9秒のセルフタイマーを選ぶと、シャッターボタンにも「9s」のようにタイマーモードであることを知らせる表示が出るので、普通撮影のつもりでタイマー撮影してしまうミスも防げます。
 
Microsoft Pix
 
なお、インカメラでの撮影時にフラッシュをオンにすると、iPhone6s以降の標準カメラと同様、画面が白く光ってフラッシュとして機能します。
 
 

Microsoft PixMicrosoft Pix
カテゴリ:写真/ビデオ
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
(hato)