【詳細】他の写真はこちら

この運動性能……もはや人類を超える日も近いのか?

近年ますます発展しているロボット産業。いずれロボットが人間と互角、あるいはそれ以上の能力を獲得するとも予測されていますが、そんな未来のイメージを強く想起させる新ロボット『Handle』の動画が、ボストン・ダイナミクスによって公開されました。



ボストン・ダイナミクスはグーグル親会社のアルファベットのもと、先端ロボット技術の開発をすすめており、これまでにも2足歩行や4足歩行のロボットを公開してきた経緯があります。そして今回の『Handle』は、「2足歩行の馬」とでも例えればいいのでしょうか? なんとも不思議なフォルムを獲得しています。

これまでも高い走行能力を示してきた、ボストン・ダイナミクス発のロボットたち。今回のものでは「ジャンプ」「物をつかむ」など、さらに発展した能力を獲得しているんです。これらを活かせば、人間に付き添って労働の手助けをすることが可能になるかもしれません。

もはや人間以上? な移動能力









2つの車輪でうまくバランスを取って移動する『Handle』。その走行能力には目をみはるものがあります。左右バラバラの段差を乗り越えられるのは当たり前で、階段をガタガタガタっと駆け下りたり、さらには雪の積もった下り坂でもスムースに移動することができるんです。その運動神経のよさは圧巻と言わざるをえません。

明日に向かってジャンプ!







さらに、『Handle』はジャンプも可能! ぐっと膝を沈めこんでから飛ぶ姿は、人間や野生動物と変わりません。見た感じそれほど軽量なロボットとも思えないのですが、当たり前のように1m程度もジャンプしてしまうその移動能力は素晴らしいですね。



そして、物をつかむ能力。あまり洗練された手の機構とは言い難いのですが、左右から挟み込むことで100ポンド(約45kg)の荷物を軽々と持ち上げています。近い未来の倉庫では、このようなロボットがAI(人工知能)によって自律的に作業をおこなうのかもしれません。

ボストン・ダイナミクスの研究は先端技術の開発を目的としており、直接この『Handle』が一般ユーザー向けに販売されるわけではありません。しかしこうした高性能ロボット技術が一般でも利用されるようになれば、私達の生活はその支援によって大きく変わることでしょう。

とりあえず、個人的にはこのロボットが人間に反乱を起こさないことだけを願っています。

文/塚本直樹

関連サイト



YouTube(『Handle』紹介動画プロジェクトページ)

関連記事



ソニー発のロボット・プログラミング学習キット『KOOV』が製品化。おもちゃ+教材のハイブリッドで大人も惚れそう!

可能性は無限大!入門用にも最適なロボットアーム『uArm Swift』

動き回って変形してどこでも写す! 自走式プロジェクターロボット『Tipron』が22万9800円で発売開始