2017年1月26日にマイナーチェンジを受けたアウディA3/S3。同日から発売が開始されていますが、気になるRS3も今年のジュネーブモーターショーに出展されることが明らかになりました。

1

3月7日に開幕するジュネーブモーターショーで披露されるRS3スポーツバックは、A3やS3同様にシャープなエクステリアを手に入れたのをはじめ、自慢の2.5L 5気筒エンジンの出力、トルクが向上しています。

先代ユニットの367psより33ps高い400psの大台に達した発生する一方で、アルミ合金製のクランクケースの採用などにより、重量を26kgも削減したそうです。

最大トルクは、465Nm/1625-5550rpmから480Nm/1700-5850rpmまで増強。0-100km/h加速は4.1秒と、改良前の4.3秒からコンマ2秒短縮されています。電子制御によって250km/hに制限されている最高速度は、オプションで280km/hまで引き上げることが可能。

もちろんエンジンのメニューはパワーアップ、軽量化だけではありません。より理想的な混合気を生成するべく、インマニと燃焼室の両方に噴射装置を備えたデュアルインジェクションを採用。

さらに、排気側にも「アウディバルブリフトシステム」が採用されています。スロットル開度や負荷に応じてバルブ開閉(時間)をコントロールすることで、低・中間負荷領域では燃料消費を抑制し、全負荷領域ではパワーとレスポンスを向上させるというもの。

エンジンの軽量化も含めて「新欧州ドライビングサイクル(NEDC)」において、8.3L/100kmを達成しています。これは、CO2排出量に換算すると189g/kmに相当。なお、欧州のC02排出量規制は、2015年で130g/km、2021年には95g/kmとなるそうですからハイパフォーマンスモデルのさらなる燃費削減や電動化(PHV)なども進みそうです。

トランスミッションは、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の7速Sトロニックで、駆動方式はフルタイム4WDのクワトロ。電子制御油圧式の多板クラッチが前後のアクスルに駆動力を可変配分するシステムで、スポーティに走れば走るほど、リヤアクスルに伝えられる駆動トルクの割合が大きくなります。

RS3スポーツバックのクワトロ・システムは、ステアリング、Sトロニック、エンジンマネージメント、エグゾーストの可変フラップ、オプションのアダプティブダンパーコントロール付きRSスポーツサスペンションの制御とともに、標準装備される「アウディドライブセレクト」に統合。さらに「ホイールセレクティブ トルク コントロール付きESC」と同車用にチューンされたスポーツモードがRS3の走りを最大限引き出します。

足まわりは、4リンク式リヤサスペンションをはじめ、A3から25mmローダウンされたタイトなサスペンション設定が特徴で、A3よりも前輪のトレッドが20mm拡幅されています。これによりホイールアーチも大型化され、全幅も拡大。19インチの鋳造アルミホイールと235/35サイズのタイヤが標準装備され、ブレーキは310mm径の大径ディスクが用意されます。

さらに、オプションでカーボンファイバーセラミック製のディスクをフロントに装着することも可能で、後輪には310mm径のブレーキディスクが装備されます。日本での発売時期や価格はまだ未定のようですが、シャープになったボディラインと、大幅なパワーアップなどによりアウディのファンから熱視線を浴びることは間違いないでしょう。

(塚田勝弘)

【関連記事】

アウディA3/S3がマイナーチェンジで安全装備を充実し、渋滞追従運転も採用
http://clicccar.com/2017/01/26/440547/

アウディ・RS3スポーツバックがフェイスリフトとエンジンの大幅なパワーアップを敢行(http://clicccar.com/2017/03/07/451071/)