写真提供:マイナビニュース

写真拡大

WHITEはワコムと共同で、ペンでVR空間に描画できるソフトウェアのコンセプトモデル「Ink Visualizer for VR」を開発したことを発表した。同ソフトウェアは3月10日〜19日、米国テキサス州オースティンで開催される世界最大規模の最先端テクノロジー展示会「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト) 2017」のトレードショーに出展される。

このたび発表された「Ink Visualizer for VR」は、参加者が紙にペンで好きな絵を描くことで、自分だけの「オリジナル惑星」を作り、VR空間上に浮かばせて遊ぶことができるソフトウェア。

参加者がワコム社製ペンタブレット「Intuos Pro Paper Edition」を使って、紙でできた球体の展開図に「雲」や「オーロラ」など好きな絵を描くと、その絵が球体(惑星)の周りにデザインされ3DCGとしてVR空間上に浮かび上がるという。このコンテンツは、操作機能のあるスマホVRゴーグル「MilboxTouch」を利用することで、VR空間上の惑星を動かすことができ、上空から「惑星全体を俯瞰」したり、惑星に降り立って「自身がデザインした雲やオーロラ(ペンのストローク)を見上げる」など、視点を変えながら描かれたストロークを眺めて楽しむことができるという。

また、WHITEは、ペンで紙に描いた筆跡データをVR空間上で再現するWebアプリケーションの開発、QRコードを発行することでスマホに作品を取り込んで持ち帰ることができるWebシステムの開発のほか、米国テキサス州オースティンで開催される映画、音楽、インタラクティブの世界最大規模の展示会「SXSW 2017」(3月10日〜19日開催)でのデモンストレーション全体の企画プロデュースを担当したという。出展ブースでは「MilboxTouch」500台を無料配布するということだ。

なお、「MilboxTouch」はWHITEが製造・販売を手がけるスマホVRゴーグル。筐体側面のタッチインターフェイスモジュールを触ることで、ゴーグルの上からスマートフォン内のアプリを操作することができる。

(早川厚志)