「ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー」ポスター (C)2015 ADAMA FILMS All Rights Reserved.

写真拡大

 1960年代以降約50年にわたって、ハリウッドの絵コンテ作家の巨匠、名リサーチャーとして活躍した、ひと組の夫婦の仕事と人生を振り返ったドキュメンタリー「ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー」が、5月下旬に公開される。このほど、「十戒」「鳥」 「卒業」「スター・トレック」など、ハロルド・マイケルソンが手がけた絵コンテがお披露目された。

 「十戒」(56)でモーゼが海を割り奇跡を起こすシーン、ヒッチコックの「鳥」(63)で逃げ惑う生徒たちを鳥が襲うシーン、「卒業」(67)のエロティックな脚線美をつかった誘惑シーンなど、ハリウッド映画を代表する名シーンの絵コンテを100作以上手がけたハロルド・マイケルソンと映画リサーチャーとして働いた妻のリリアン。創造性とアイディアを分かち合った夫婦が残した偉業と愛の軌跡を追う。ダニエル・レイム監督の長編デビュー作で、2015年カンヌ映画祭クラシック部門でプレミア上映された。

 第2次世界大戦の兵役から帰還したハロルドはリリアンと出会いほどなくして恋に落ちる。ハリウッドで結ばれ、仲むつましく暮らす夫婦に待望の第一子が誕生するも、当時まだ一般的ではなかった自閉症と診断される。激動のハリウッドで失業と移籍を繰り返しながら家族のためにハロルドは映画スタジオで絵コンテを描き続ける。そして、初めて担当した「十戒」の絵コンテでその名を轟かせ、ハロルドは巨匠たちから作品を共に創るよう直接依頼されはじめる。

 「ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー」は、5月27日からYEBISU GARDEN CINEMAほかで公開。