2代目にスイッチしているポルシェ・パナメーラ。3月7日から開催されるジュネーブモーターショーでは、新しいボディタイプである「パナメーラ スポーツツーリスモ」がワールドプレミアされます。

1

パナメーラ スポーツツーリスモのサイズは、全長5049×全幅1937×全高1428mm、全幅1937mm(欧州値)で、ホイールベースは2950mm。短いオーバーハングと21インチまで対応する大径アルミホイールによるサイドビューが際立っています。

さらに、Bピラー(リヤドア)からリヤセクションまでのユニークなエクステリアデザインも特徴で、力強いショルダー上部の細長いウインドウライン、長いルーフラインが伸びやかな印象をもたらしています。また、ルーフ後部はウインドウラインよりもなだらかに下降し、特徴的なDピラーがクーペのようにショルダーセクションへと移行するデザイン処理がされています。

ルーフはアダプティブスポイラーまで伸張されていて、さらにルーフスポイラーの角度が走行条件や車両設定に応じて3段階にセットされ、リヤアクスルに50kgのダウンフォースをもたらします。さらに、170km/h以下の場合、「ポルシェ・アクティブエアロダイナミクス(PAA)」の中心的な機構である空力ガイドエレメントがマイナス7度の格納ポジションに維持されることで、空気抵抗を抑えて燃費を最適化するそう。

パッケージングでの注目点は、パナメーラ初の後席3人掛けが採用されている点。ポルシェの最上級スポーツサルーンにふさわしい最高の快適性とスポーツ性能を両立すべく、両側の2つのシートが独立した「2+1」の後席となっています。さらに、オプションで2人掛けの独立式リヤシートも用意されています。

荷室容量の拡大も朗報です。容量は520L(パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ:425L)が確保されていて、3人掛けの背もたれは、同時または個別(40:20:40分割可倒式)に分割できます。もちろん、荷室側から電動でロックを解除して格納することも可能。すべての背もたれを格納してローディングフロアの高さにすると、荷室容量は1390Lまで拡大することができます(パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモは1295L)。

欧州では、5つの出力のパワートレーンが設定されていて、駆動方式は、電子制御マルチプレートクラッチを備えたアクティブ4WDシステムが採用されています。

ドイツ国内の価格は、パナメーラ4スポーツツーリスモ(330PS)が97,557ユーロ、パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ(462PS)が112,075ユーロ、パナメーラ4Sスポーツツーリスモ(440PS)が120,048ユーロ、パナメーラ4Sディーゼル スポーツツーリスモ(422PS)が123,975ユーロ、そしてパナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(550PS)が158,604ユーロ(付加価値税を含む)です。

発売時期は欧州が2017年10月から、その他の市場は11月初旬からの予定とされています。

(塚田勝弘)

ポルシェ・パナメーラ初の5シーター「パナメーラ スポーツツーリスモ」は積載性も向上(http://clicccar.com/2017/03/07/450946/)