写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優のユースケ・サンタマリアが、テレビ朝日系スペシャルドラマ『警部補・碓氷弘一 〜殺しのエチュード〜』(4月9日21:00〜)に主演することが7日、明らかになった。刑事役での主演は、映画『交渉人・真下正義』以来12年ぶりとなる。

このドラマは、今野敏原作の『碓氷弘一シリーズ』を初めて映像化するもの。「相棒は素人」「妻子とは別居」「非現場に異動したのになぜかいつも事件に巻き込まれる」という日本一不運な刑事・碓氷弘一(ユースケ)と、キレ者だがKYな女性心理捜査官・藤森紗英(相武紗季)がタッグを組み、連続通り魔事件の真相に迫っていく。

「久々の刑事役だという思いは全然なかったですね」というユースケは「これまでの2時間の刑事ドラマに新しい要素を加える、という思いが制作陣にあったので、その意欲にひかれました」と、今回の主演を快諾。このような新たな挑戦へのオファーが多いそうで、「『パイロット版の男』と呼ばれてるんだけども(笑)」と苦笑いした。

一方、バディを組むことになる相武は「能力を発揮するプロファイラーの紗英とプライベートの天然な紗英、そのギャップができるだけ大きくなるように演じました」と役づくりを紹介。今作が初めての刑事ドラマだそうで、「セリフの言い回しで難しいと感じるところがありましたが、監督や共演者の先輩方にいろいろ教えていただきました」と言い、ユースケについても「とても優しく、現場でコミュニケーションをとってくださいました」と話した。

テレビ朝日の大江達樹プロデューサーは、ユースケについて「見た目は普通のおじさんだけど、実は奥が深い。そう考えたときに真っ先に思い浮かんだ」と語り、才色兼備ながら弱点を持つ紗英役には「クールビューティーな部分と素敵な笑顔の両面を持っている相武紗季さんがピッタリだと思いました」と、起用理由を説明している。

この他にも、碓氷を嫌悪する捜査一課の同期・高木隆一役で滝藤賢一、捜査一課の後輩で若手刑事・梨田洋太郎役で三浦貴大、碓氷と別居中の妻役で紺野まひる、碓氷を捜査一課の援軍に引き戻し、紗英とコンビを組ませる参事官・西川周作役で羽場裕一、捜査一課5係をまとめる係長・鈴木滋役で佐野史郎が出演する。